マクセル アクアパーク品川「ネイキッド スノウ アクアリウム」雪が舞い降る“海のスノードーム”

2019年12月22日 20:42

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 マクセル アクアパーク品川で冬の特別プログラム「ネイキッド スノウ アクアリウム(NAKED SNOW AQUARIUM)」が、2019年12月28日(土)から2020年2月24日(月・振休)まで開催される。

■館内全体が“海のスノードーム”に

 2015年のグランドオープン以来、冬の風物詩として毎年開催してきた「スノウ アクアリウム」。ネイキッドによるプロジェクションマッピングによって、館内に雪やオーロラといった冬の情景が映し出される。“海の世界”で美しい白銀の景色を楽しめる人気イベントだ。

2019年は、7月に誕生したエリア「パターンズ」が演出に追加。ワンウェイで「スノウアクアリウム」を体感することで、これまで以上に没入感のある体験ができる。

■ホワイトカラーのいきものたちと映像で「スノードーム」の中を表現

 目玉となるのは、空間を包み込むダイナミックなプロジェクションマッピングが楽しめる没入型エリア「パターンズ」。今回は「MARINE SNOW DOME」をテーマに、まるでスノードームの中に迷い込んだかのような展示や演出を展開する。

 エリア床一面に、22台ものプロジェクターを使用し、海中に雪が舞い降る様子を投影。雪に見立てたホワイトカラーの生きものたちをフロアの水槽に展示することで、エリア内を“海中の雪景色”として表現する。

また、壁に投影された泡の映像をタッチすると、七色の光をまとったシードラゴンやクラゲ、クジラなど、8種類のいきものたちが現れる仕掛けも用意する。

■幻想的な冬景色の中で泳ぐイルカのパフォーマンス

 マクセル アクアパーク品川のメインコンテンツである「ドルフィンパフォーマンス」も、昼と夜、2種類の特別プログラムでお届け。昼のプログラムでは、“さまざまな冬への旅”をテーマに、ダイナミックなジャンプなどで厳しい吹雪や穏やかに舞う雪の様子を表現。

 夜になると、映像・音・光など最先端技術を使った幻想的な冬景色を舞台に、イルカによる華麗な技の数々を披露。上からクリスタルやオーロラが降り注ぐ演出によって、神秘的な空間が完成する。

■限定のカクテルやノンアルコールドリンクなども

 その他、エントランスや各展示空間なども「スノウ アクアリウム」にちなんだ演出でデコレーション。カフェバー「クリスタル バー」では、本イベント限定のカクテルやノンアルコールドリンクも提供する。

【詳細】
ネイキッド スノウ アクアリウム
期間:2019年12月28日(土)~2020年2月24日(月・振休)
時間:10:00~22:00 ※最終入場は閉館時間の1時間前。
場所:マクセル アクアパーク品川
住所:東京都港区高輪4-10-30(品川プリンスホテル内)
入場料金:おとな(高校生以上) 2,300円(4,400円)、小・中学生 1,200円(2,300円)、幼児(4才以上) 700円(1,300円)
※( )は年間パスポート料金。
※アトラクション【2機種】は、別途各500円(1回)となる。
ドリンク価格例:クリスタルミントスカッシュ(ノンアルコール) 500円、キリン一番搾りフローズン(生)~マリンスノウ~ 700円、ストロベリースノウカクテル 750円

【問い合わせ先】
マクセル アクアパーク品川
TEL:03-5421-1111(音声ガイダンス)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードアクアパーク品川プリンスホテルネイキッド

関連記事