Mozilla、Firefoxでの拡張機能サイドローディングを廃止する計画

2019年11月4日 14:27

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Mozillaは10月31日、Firefoxでの拡張機能サイドローディング廃止計画を発表した(Mozilla Add-ons Blogの記事gHacksの記事BetaNewsの記事)。

ローカルに保存した拡張機能ファイルを使用してインストールするサイドローディングには、アドオンマネージャーでファイルを指定する方法と、標準の拡張機能フォルダーにファイルを格納する方法の2種類があり、Mozillaが説明しているのは後者のようだ。後者はユーザーに無断でインストール可能で、アドオンマネージャーから削除することができない。過去にはFirefoxにマルウェアをインストールするために使われたこともあるという。そのため、サイドローディングの廃止は悪用を防ぐことが目的だ。

2020年2月11日に一般リリース予定のFirefox 73では引き続きサイドローディングされた拡張機能を読み込み続けるが、拡張機能は個別のユーザープロファイルフォルダーにコピーされ、通常の拡張機能としてインストールされるようになる。3月10日に一般リリース予定のFirefox 74ではサイドローディングが廃止される。Firefox 73による移行段階を設けることで、インストール済みの拡張機能が失われることなく、ユーザーが自由に削除することも可能になる。サイドローディングで拡張機能を配布している開発者に対しては、自分のWebサイトかaddons.mozilla.org(AMO)を通じてダウンロードできるよう、インストールの流れを変更することが求められている。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | セキュリティ | Firefox | Mozilla | デベロッパー

 関連ストーリー:
Mozilla、クライアントサイドの機械翻訳機能をFirefoxに搭載する計画 2019年10月22日
Firefox 71、17年以上前にリクエストされていたキオスクモード起動オプションを追加へ 2019年10月10日
Mozilla、Firefoxのメジャーリリースサイクルを4週間に短縮する計画 2019年09月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードマルウェアFirefoxMozilla

関連記事