ニコンの顕微鏡写真コンテスト「Small Word」2019年版の受賞者発表

2019年10月26日 10:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 nemui4曰く、

 ニコンが主催する顕微鏡写真コンテスト「Small World」2019年版の受賞者が発表されたGIGAZINE)。

 蜘蛛のアップ写真ってネットでよく見かる気がする、ファンが多そう。CGがまぎれててもわからない自信あり。

 1位はTeresa Zgoda氏とTeresa Kugler氏による、亀の胚の蛍光写真。2位はIgor Siwanowicz氏による、40倍の倍率で単細胞生物のラッパムシを撮影した写真。3位はDaniel Smith Paredes氏とBhart-Anjan S. Bhullar氏によるワニの胚の写真となっている。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | グラフィック | ニュース | サイエンス

 関連ストーリー:
2010 National Geographic Photography Contest 開催中 2010年11月22日
光学顕微鏡写真のコンテスト「Nikon Small World」2010 年度受賞者発表 2010年10月19日
光学顕微鏡写真のコンテスト Small World 受賞者発表 2009年10月15日
英ロンドン自然史博物館、剥製の使用が判明した野生動植物写真コンテスト受賞作品への授賞を取り消し 2018年05月03日
AIが審査をするビューティーコンテスト、AIは色白が好き? 2016年09月11日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードニコン

関連記事

広告

財経アクセスランキング