国際 RSS

 

ロシア人のアルコール消費量が減少、平均寿命は伸びる

2019年10月4日 18:45

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 ロシアというと「酒飲み」のイメージがあるが、世界保健機関(WHO)による報告によると、ロシアのアルコール消費量は2003年から2016年までの間で43%も減少したという。また、昨今ではロシアにおける平均寿命が上昇しており、アルコール消費量の減少がその一因だと分析されているという(AFP朝日新聞)。

 ロシア政府は飲酒を減らすため、酒類の深夜販売の禁止や価格引き上げ、広告禁止といった政策を行っている(Russia Beyond)。これによって実際にアルコール摂取量は減少しており、ロシア当局の調査結果ではアルコールを飲まない人が増えているほか、飲酒頻度も低下する傾向が確認できたそうだ(Sputnik日本

 スラドのコメントを読む | オープンソースセクション | ニュース | 医療 | Wine | ビール

 関連ストーリー:
ビールとワインを飲む順番と悪酔いの強さの関係を調べる実験 2019年02月11日
アルコールの摂取はメリットよりもデメリットの方が多いという研究結果 2018年08月28日
ロシアでアルコールを含む化粧品を飲んで48人が死亡するという事件が発生 2016年12月22日
酒に弱い人は心疾患や高血圧、肥満の可能性が低い? 2014年07月17日
エナジードリンクの飲みすぎに急性肝炎のリスク 2016年11月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロシア世界保健機関(WHO)

関連記事

広告