TR-808やDX-7などが未来技術遺産に登録

2019年9月5日 19:51

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 国立科学博物館が、「重要科学技術資料(未来技術遺産)」に新たに26の製品を追加することを発表した(プレスリリース産業技術資料情報センターの重要科学技術史資料ページ)。

 追加されたのは東芝キヤリアのインバータ駆動エアコン「RAS-225PKHV」やセイコーの液晶デジタルクオーツ腕時計「セイコークオーツ LC V.F.A. 06LC」、シチズン時計の太陽電池アナログクオーツ腕時計「クオーツクリストロン ソーラーセル Cal.8629-7J」、カシオの初代G-SHOCK「DW-5000C」、ソニーの世界初となるコンパクトディスクプレーヤー「CDP-101」および世界初のポータブルCDプレーヤー「D-50」、キヤノンの日本初の高級35mmカメラ「ハンザ・キヤノン」、日本最初の35mm一眼レフカメラ「アサヒフレックスⅠ型」、ニコンの「ニコンF」、ヤマハの電子オルガン(エレクトーン)「D-1」およびデジタルシンセサイザー「DX7」、ローランドのリズムマシン「リズム・コンポーザー TR-808」など。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 日本 | ビジネス | ハードウェア | 音楽

 関連ストーリー:
未来技術遺産に「PC-8001」や「AIBO」などが登録へ 2015年09月03日
国立科学博物館、「写メール」に初めて対応した携帯電話機などを未来技術遺産に登録 2014年08月28日
未来技術遺産としてセメダインC、カシオSL-800など22件が登録 2013年09月07日
「答え、一発、カシオミニ」が未来技術遺産に登録される 2008年10月05日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーキヤノン一眼レフカメラニコン東芝カシオシチズン国立科学博物館ローランドヤマハ

関連記事

広告

広告