チェコ海賊党の議員が欧州議会副議長に選出

2019年7月7日 18:49

印刷

記事提供元:スラド

欧州議会は3日、14人の副議長の1人にチェコ海賊党のMarcel Kolaja氏を選出した(プレスリリースTorrentFreakの記事)。

これまで海賊党の欧州議会議員はドイツ海賊党のJulia Reda氏のみだったが、5月下旬に実施された欧州議会選挙ではKolaja氏を含むチェコ海賊党の3名のほか、引退したReda氏の後継となるドイツ海賊党のPatrick Breyer氏を加えて4名(欧州議会での所属会派はいずれも欧州緑の党・欧州自由同盟)となった。

海賊党の議員が欧州議会副議長に選出されるのはKolaja氏が初めて。39歳のKolaja氏はソフトウェアエンジニアとしての経験を生かして欧州議会に貢献できると考えているとのこと。チェコ海賊党は2017年の総選挙で国政第3党となっており、2018年にはプラハ市議会で第2党に躍進して同党プラハ代表のZdeněk Hřib氏がプラハ市長に選出されるなど、EU域内で最も影響力のある海賊党になっている。 

スラドのコメントを読む | YROセクション | YRO | EU | 海賊行為 | 政治

 関連ストーリー:
EU著作権指令案のアップロードフィルター見直し動議、議員が投票先を誤って否決されていた 2019年03月31日
チェコ海賊党のプラハ代表がプラハ市長に 2018年11月03日
アイスランド海賊党、大きく議席を減らす 2017年11月01日
チェコ海賊党、総選挙で22議席を獲得して第3党に 2017年10月28日
欧州委員会、海賊版は正規版の売り上げにほとんど影響しないという報告書を2年以上公表せず 2017年09月24日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードチェコ

関連記事