国際 RSS

 

米、イランにサイバー攻撃で報復か

2019年6月26日 19:11

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 Anonymous Coward曰く、

 タンカー攻撃やその後の無人機撃墜など、緊張が高まるばかりのイラン情勢であるが、米サイバー軍がイランへの報復攻撃を行ったことが報じられている(CNNAFP時事通信)。

 イラン周辺では、13日に日本などのタンカーが何者かの攻撃を受けたほか、20日には米空軍の無人偵察機グローバルホークがイランの革命防衛隊により撃墜されている(米側は国際空域を飛行、イラン側は領空侵犯と主張)。トランプ大統領は報復として、米軍のイランへの軍事攻撃を承認したものの、無人機撃墜に対する報復としては過剰であるとして攻撃10分前にに撤回したと報じられており、まさに一触即発の状態にある。

 一方で、ワシントンポスト等が報じたところによると、米サイバー軍の攻撃は撤回はされなかったようで、サイバー攻撃によりイランのミサイル制御コンピュータが機能不全に陥ったほか、タンカーの追跡に用いられたというイランのスパイ組織に対しても攻撃が行われたという。死傷者は出ていない模様。

 ただし、米国土安全保障省のサイバーセキュリティー部門責任者によると、そもそもイラン政府や関連組織によるとみられる米政府機関や企業や狙ったサイバー攻撃も相次いでいるのだという。最近はデータや資金を盗むだけでなく、コンピュータ網を破壊するような手口も目立つということで、イラン側の動きに注視しているとのこと。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 軍事 | セキュリティ | IT | アメリカ合衆国

 関連ストーリー:
ホルムズ海峡で日本のタンカーらが攻撃される 2019年06月17日
在ロシアEU大使館、サイバー攻撃を受けて情報漏洩との報道。攻撃にはロシアが関与か 2019年06月12日
イスラエル軍、ハマスのサイバー攻撃にミサイルで反撃 2019年05月14日
国連の民間航空機関、サイバー攻撃被害を隠蔽していた 2019年03月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアメリカ安全保障セキュリティサイバー攻撃

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • マツダ・CX-3の特別仕様車「アーバンドレッサー」(画像:マツダ発表資料より)
  • クラウンアスリートG ReBORN PINK特別色モモタロウ(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • フォレスター「SPORTS」(画像: SUBARUの発表資料より)
  • ポルシェ・タイカン(画像: ポルシェAGの発表資料より)
  • インドで発表されたコンパクトSUV日産マグナイト(画像:日産自動車の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース