国際 RSS

 

ノルウェーの首都オスロ、2019年から市内中心部の駐車場を廃止へ

2018年12月27日 09:40

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 ノルウェーの首都、オスロでは2018年内に市内中心部にある700箇所の路上駐車場を廃止する。これにより、2019年からは車で長時間市内中心部に滞在することが難しくなると見られている(The NewYork TimesSlashdot)。

 オスロの都市開発を担当するHanna Elise Marcussen副市長は電話インタビューの中で、「私たちは街に人々を取り戻すためにこれをやっている。もちろん環境にもやさしい」と述べた。世界的な人気のある観光地でもあるオスロでは、住宅密集地から自動車を取り除いて渋滞を減らし、汚染を減らすことで、街を自転車や歩行者にとって快適なものにするとしている。

 オスロ市内中心部から自動車を無くす計画は2015年からスタートした。連立政権に参加するポピュリスト政党「進歩党(FrP)」が求めたことだったという。そして、現在はアイルランドの首都ダブリンやスペインのバルセロナでも、同様の計画が進められている。

 もっともMarcussen副市長によると抵抗は根強かったという。それによれば、環境問題に理解のあるオスロでもかなりの論争があり、企業や市民が受け入れることは非常に困難だったとしている。

 スラドのコメントを読む | ニュース | 交通

 関連ストーリー:
独フォルクスワーゲン、最後の燃焼エンジン車を2026年に開発すると発表 2018年12月10日
自動車の騒音規制強化によりエンジンだけで走る車は発売できなくなる? 2018年11月01日
ドイツ、大気汚染対策で公共交通機関の無償化を検討 2018年02月20日
輪島市、ゴルフカートを市街地の交通システムとして利用 2017年02月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードアイルランドノルウェースペイン

関連記事

広告