中国、ゲームの予告編映像からも「くまのプーさん」が消される

2018年11月22日 23:07

印刷

記事提供元:スラド

 以前中国ではくまのプーさんが検閲対象という話題があったが、これは未だに継続中だそうで、対策としてくまのプーさんが登場するゲームの予告編映像からプーさんを消す「自主規制」が行われたそうだ(AUTOMATON)。

 今月、スクウェア・エニックスの人気シリーズ新作「キングダムハーツ Ⅲ」の予告編映像が公開された。同作にはディズニーのキャラクターが多数登場しており、くまのプーさんもその1つとして予告編映像に写っているのだが、中国ゲームメディアなどはこの映像を紹介する際、スクリーンショット内に写っているくまのプーさんを消しているそうだ。

 ゲームの話題は政治とは縁遠いようにも思われるが、これを発端として中国の習近平国家主席をネタにするような投稿が行われた場合にトラブルになる可能性があることから、こういった「自主規制」が行われているという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | YRO | ゲーム | 中国

 関連ストーリー:
Googleの中国向け検閲入り検索アプリ、反対派従業員が社内で共有したメモで詳細がさらに明らかになる 2018年09月27日
「モンスターハンター」シリーズ最新作、中国当局の検閲の結果発売禁止に 2018年08月15日
中国ではくまのプーさんが検閲対象 2018年08月09日
Valve、中国向けに検閲済みのコンテンツ販売サービスを開始 2018年06月20日
中国の女性BL作家、わいせつ物伝播罪で懲役10年の判決 2018年11月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード中国ディズニー習近平スクウェア・エニックスくまのプーさん

関連記事