Winamp、2019年のメジャーアップデートが予告される

2018年10月18日 08:05

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 2017年に開発が続いているとの報道があったMP3プレイヤーソフト「Winamp」だが、2019年にメジャーアップデート版となる「バージョン6」がリリースされるという話が出ている(TechCrunchEngadget JapaneseGIGAZINE)。

 WinampはMP3が出回り始めた1997年にリリースされた。当初は無料のフリーウェアとしてリリースされていたが、その後10ドルのシェアウェアとなっていた。また、開発元のNullsoftもその後AOLに買収され、その後2014年にベルギーのRadionomyにShoutcastと共に売却されている(過去記事)。

 TechCrunchによると、まず現行版のアップデート版となるバージョン5.8を10月18日にリリースし、続いて2019年に新メジャーバージョンをリリースするという。Winamp 6ではクラウド対応機能を搭載し、またWindowsだけでなくiOSやAndroid版もリリースされるという。異なる端末上で動作させているWinampでプレイリストや聞いているストリーミングチャンネルを同期させるといった機能も持つという。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | ソフトウェア | Windows | 音楽

 関連ストーリー:
Winampはまだ開発が続いている? 2017年08月23日
Webブラウザ上で動くWinamp 2014年11月26日
Winamp、ベルギーのRadionomyが買収 2014年01月16日
Winamp終了のお知らせ、来る 2013年11月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告