東京タワー、テレビ放送電波の送信を終了

2018年10月3日 18:26

印刷

記事提供元:スラド

 東京タワーからのテレビ放送電波送信が、9月30日で完全に終了する。唯一東京タワーからの電波送信が行われていた放送大学が地上波での放送を終了したため(朝日新聞MAG2NEWSハフィントンポストlivedoorニュース)。

 東京スカイツリーの運用開始後、NHKや民放の電波送信はスカイツリーから行われていたが、放送大学のみは移行せず東京タワーからの電波送信が行われていた。放送大学の地上波での放送は2016年に終了が決定していた

 今後も東京タワーからのラジオ電波の送信は継続されるほか、スカイツリーのバックアップとしての設備は維持されるとのこと。

 また、東京タワーのテナントである東京タワー水族館も9月末で営業を終了したそうだが、こちらは賃料未払いなどのトラブルが発端とのこと。今後水族館があった場所に別のテナントが入る可能性もあるようだ。

 スラドのコメントを読む | テレビ

 関連ストーリー:
東京タワーの工事期間は約1年半、設計完成前に着工していた 2018年07月05日
放送大学、地上波終了へ 2016年05月28日
スカイツリーで電波障害、東京タワーからの移転は想定以上に難しい 2012年10月30日
現・東京タワーの行く末は危うい? 2006年04月18日
高さ600mの第2東京タワー「すみだタワー(仮称)」計画決定 2006年03月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京スカイツリー東京タワー

関連記事