パナソニック、留守中にスマホからペットを見守る「HDペットカメラ」発売

2018年9月30日 20:08

小

中

大

印刷

HDペットカメラ「型番: KX-HDN205」(画像: パナソニックの発表資料)

HDペットカメラ「型番: KX-HDN205」(画像: パナソニックの発表資料)[写真拡大]

写真の拡大

 パナソニックは28日、ペットの様子を自動追尾して見守ることができる「HDペットカメラ」(型番: KX-HDN205)を12月13日に発売すると発表した。スマホを使って留守中でもペットの様子を外出先からしっかり確認できるよう、200万画素(フルHD)のカメラが搭載されている。

【こちらも】スマホ連動で室内見守りのIoTカメラ「eCamera」、月額不要 ペットの確認も

■専用アプリと無線LANで簡単接続

 「HDペットカメラ」の使い方は、カメラを無線LANに接続させ、専用アプリ「ホームネットワークW」をスマホにインストールしてカメラに登録するだけのシンプル設計。スマホは最大8台まで登録可能なため、自分だけでなく家族やペットの確認を頼みたい人などにも見てもらうこともできる。

 またカメラは首振り機能付きで、スマホのアプリ上のバーをスライドさせれば見たい方向に動かせる。左右は約360度・上下は約90度見渡すことができ、撮影範囲(カメラ画角)は左右約54度・上下約31度となっている。さらに動作検知センサーと赤外線センサーの2種を搭載し、ペットが動けばカメラが自動でペットの方を捉える仕組みだ。

 このカメラはペットを見守る以外にも、ペットの意外な一面を録画することもできる。例えば、カメラを外出モードに設定すれば自動追尾機能で捉えたペットの様子を録画できる。これを利用して、飼い主の留守中に見せるペットのおもしろい動きや意外な一面を捉えて楽しめる。録画時間は10秒から15分で設定可能だ。

 その他にも、カメラの周辺温度が設定を超えれば通知する温度センサーや、部屋が暗くなってもペットを確認できるナイトモード、スマホからの操作でカメラ映像を表示させないプライバシーモードなど、多数の機能が搭載されている。留守中のペットを安全に見守りたい人は、このスマホアプリと連動するHDペットカメラを検討してみてはいかがだろうか。

関連キーワードパナソニック

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース