公取委、AppleがYahooのゲーム配信サービスに圧力をかけたとして調査

2018年8月19日 10:39

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ヤフーのブラウザゲームプラットフォーム「ゲームプラス」に対し、Appleが圧力をかけていたと報道が出ている(日経新聞)。

 ゲームプラスではPCやスマートフォンのブラウザ上でプレイできるゲームを提供するプラットフォーム。スクウェア・エニックスやコーエーテクモゲームスなどがこのプラットフォーム上でゲームを展開している。

 iOSデバイス向けにコンテンツを提供する場合、Appleのコンテンツ配信サービス(App Store)を経由して配信を行う必用があり、その場合Appleに売上の一部(3割)を支払わなければならない。ゲームプラスではこういった制限なしにコンテンツを提供できるため、Appleはヤフーに対し「取引を拒否するという非公式の圧力」をかけたという。そのため、公正取引委員会が調査を進めているようだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | アップル

 関連ストーリー:
iPhoneがインドの携帯電話ネットワークから切断される可能性 2018年07月24日
Apple、絵文字の使用や暗号通貨採掘の規定などを明記したApp Store審査ガイドライン改定 2018年06月09日
開発者が持続可能なApp Storeを目指す「The Developers Union」結成 2018年05月23日
Apple、iOSアプリでの絵文字使用制限を強化か 2018年02月12日
Appleの国内向けアプリ審査ガイドラインでもガチャの入手確率表示義務付けが明示される 2018年01月19日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードiOSAppleYahoo!スクウェア・エニックス公正取引委員会ゲームプラスコーエーテクモゲームス

関連記事