国際 RSS

 

最高気温の更新、世界中で続く

2018年7月11日 11:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

taraiok曰く、 ここ数年、夏になると毎年熱波の問題が報じられるようになっている。たとえばイギリスでは若い男が溶けた道路に足を捕らわれ、救助隊を呼ぶ騒ぎががあったという(Mashable Asia)。

 またWashington Postによれば、アイルランド、スコットランド、カナダといった地域から南カリフォルニアまで、北半球の多くの場所で、最高気温の更新が続いているそうだ。極寒の地として知られるシベリアでも、7月5日には気温が32.8℃にまで上昇する事態になっている。カナダのモントリオール近郊では、熱波で少なくとも54人が死亡したという報道もある。

 さらにアフリカでは、先週の木曜日に過去最高気温が記録されたようだ。アルジェリアのワルグラでは51.3℃まで上昇。これは今まで記録されていた最高気温(1961年7月13日の50.7℃)を超えるものだ。そのほか、昨年7月のカリフォルニアは、平均気温が42℃で最も暑い月であったと判定されている。2018年6月26日には中東のオマーンでも42.6℃が記録されている(69NEWSSlashdot)。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 地球

 関連ストーリー:
冬の北極圏で最高気温記録。例年を30度上回る 2018年03月08日
米アラスカ最北端の都市の気候観測データ、平均値との差が大きすぎてシステムがエラーと判定 2017年12月15日
米研究者ら、温暖化による今世紀中の気温上昇を予測。トランプ政権による報告への介入に対する懸念も 2017年08月15日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードイギリスアイルランドカナダオマーン

関連記事

広告