ソニー、「PSVR」の新モデルを発表

2017年10月3日 07:12

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 発売後長らく品薄が続いているPlayStation VR(PSVR)だが、ソニー・インタラクティブエンタテインメントジャパンアジア(SIEJA)が10月2日、PSVRの新モデル「CUH-ZVR2」を発表した。

 基本的な仕様に変更はないが、従来はヘッドマウントディスプレイ(HMD)部分とプロセッサーユニットをつなぐケーブルの途中にあるリモコン部に着いていたヘッドホン端子がHMD部分に移動したほか、HMDとプロセッサーユニットを接続するケーブルが「よりスリムな一本のケーブルに集約」したという。また、新たにHDR映像のパススルーにも対応している。

 従来モデルはPlayStation Cameraが別売で4万4,980円(同梱版は4万9,980円)だったのが、新モデルではPlayStation Camera同梱で4万4,980円(ともに税別)となったため、若干の値下げにもなっている。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | ゲーム

 関連ストーリー:
早くもPSVRをPCで動かす非公式ドライバが登場 2016年12月14日
Oculus Rift、補間フレーム生成技術の導入でPCの最低スペックを引き下げ 2016年11月13日
PlayStation VRのキラータイトルは音楽ゲーム? 2016年10月21日
PSVRのお値段は399ドル(税別4万4980円)で10月発売 2016年03月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードソニーVRプレイステーション(PlayStation)ヘッドマウントディスプレイPlayStation VR(PS VR)

関連記事

広告