共産と社民、20選挙区で候補一本化に合意

2017年10月1日 08:49

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 10月10日公示、22日投開票で実施される衆議院議員選挙(総選挙)は自公政権か、希望の党の政権かの政権選択選挙になる公算が強くなっている。一方、リベラル派の共産・社民は急展開な構図の中で選挙戦を闘うことになる。

【こちらも】安倍政権打倒に民進が奇策 希望の党へ合流 選挙目的の野合とも

 現行憲法の下で平和主義を貫くことこそ必要と憲法9条の改正を許さないとする両党は30日までに11都道府県20選挙区で候補を一本化することで合意した。

 共産党の小池晃書記局長は「我々は市民と野党の共闘の旗をしっかり掲げて前に進む。社民党と力を合わせて一つでも多くの議席獲得に努める」とし、こんふぉ、さらに一本化できるよう調整を進めたい考え。社民党に候補を一本化したところでは候補者を立てない。

 社民党の福島みずほ副党首は「憲法9条(戦争の放棄)を変えて、戦争のできる国になることを、なんとしても止めたい。戦争のできる国は表現の自由を制限し、国民への監視を強める社会。政府への批判は押さえ込まれる。安倍総理が勝てば、来年憲法9条改悪の発議と国民投票がなされるだろう。今こそ、リベラル勢力の結集が必要」とツイッターなどで発信し呼びかけるとともに、危機感を隠していない。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
今回の総選挙が「政権選択選挙」に現実味帯びる
衆院選挙で政府声明、モリカケには一切触れず
この選挙で安倍政権終わらせる 民進が奇策
安倍政権に代わる選択肢を国民に示すことが重要
この状況下でも共闘の政党、候補者とは協力

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード共産党福島みずほ社会民主党選挙小池晃

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース