アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~ 二条城にて

2017年9月9日 21:17

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 「大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」が京都・二条城にて2017年10月25日(水)から12月11日(月)まで開催される。

 今回の「アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~」は、なんと世界遺産でもある二条城の一般非公開エリアで開催。美しい二条城に展示された水槽に金魚や鯉がゆらめき、光・音楽・映像などの最新の演出技術により絢爛豪華な空間を演出する。

 通常のアートアクアリウム作品の展示に加え、より会場を活かした演出も登場する。二条城で行われた大政奉還から150年を数える今年は、この歴史的な出来事をモチーフとしたアートが展示される。江戸末期、明治初期、近代文化の各時代における美術の特徴を取り入れた映像を本展のアイコニックなアート「ビョウブリウム」と組み合わせた、本物の金魚のゆらめく幻想的な「大政奉還屏風絵図」は大政奉還によって起こった日本美術の変遷を表現しているという。

 また、江戸時代の華「花魁」「芸者」をテーマにした公演やアートも。本展の目玉の一つでもあるアートアクアリウム史上最大の作品「超・花魁」では、流れ落ちる水が涼しげな水槽の中に、江戸の花街の女たちになぞらえた 3,000匹もの金魚が舞泳ぐ。また、京の都で夜な夜な楽しまれていた華やかな宴をモチーフにした公演「二十四節気七十二候の舞」「花魁の舞」も行われる。

 広大な二条城の庭に広がる荘厳で幻想的なアートアクアリウム作品を、京都の地酒片手に、もしくは抹茶と京和菓子を静かに味わいながら眺めることのできる「夜祭BAR」とお茶席も設置される。開放的な屋外空間でアートアクアリウム作品を楽しんで。

【詳細】
大政奉還150周年記念 アートアクアリウム城~京都・金魚の舞~
期間:2017年10月25日(水)~12月11日(月)
※初日の一般入場は20:00~
時間:17:00~22:00(最終入場21:30)
会場:元離宮二条城(二の丸御殿中庭、台所前庭、台所)
住所:京都府京都市中京区二条通堀川西入二条城町541
入場料:一般1,500円(税込)、こども(4歳~小学生以下)1,000円(税込)、3歳以下 無料
※小学生以下保護者要同伴。

【問い合わせ先】
ハローダイヤル
TEL:050-5542-8600
※開設期間9月1日(金)から12月12日(火) 8:00~22:00

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード二条城アートアクアリウム

関連記事