最低賃金全国平均、時給25円アップ 政府歓迎

2017年7月27日 09:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

最低賃金の引き上げ額は東京(現行932円)、大阪(883円)、埼玉(845円)、千葉(842円)などが現行に比べ26円アップする

最低賃金の引き上げ額は東京(現行932円)、大阪(883円)、埼玉(845円)、千葉(842円)などが現行に比べ26円アップする[写真拡大]

写真の拡大

 菅義偉官房長官は26日午後の記者会見で、厚生労働省の中央最低賃金審議会が、最低賃金を全国加重平均で『時給25円引き上げ、848円とする』目安を決めたことに「安倍政権が目指す成長と分配の好循環を実現するために、賃金の引き上げを通じて、可処分所得の拡大と消費の活性化につなげていく事が極めて重要であり、安倍政権としては全力を挙げて取り組んできた。最低賃金が全国加重平均で25円、引き上げ率にして3%上がったことは歓迎したい」と述べた。

【昨年は】最低賃金加重平均で25円アップ、時給823円

 菅官房長官は「政府としては最低賃金の時給1000円を目標にしている。今後とも、最低賃金引き上げに向けた環境整備や中小・小規模事業者への支援を含め、成長と分配の好循環の実現に向けて、全力で取り組んでいきたい」とさらに高いレベルを目指していくとした。

 菅官房長官はそのための環境整備について、特に「中小企業・小規模事業者が直面する様々な課題に対して、下請け取引の条件改善や生産性の向上、人材確保対策などに、政府全体として、総合的に取り組むことが必要だと考えている」と語った。

 最低賃金の引き上げ額は東京(現行932円)、大阪(883円)、埼玉(845円)、千葉(842円)などが現行に比べ26円アップする。京都(831円)、兵庫(819円)、静岡(807円)などは25円アップ。北海道(786円)、福岡(765円)、奈良(762円)などが24円アップ。福島(726円)、愛媛(717円)、岩手(716円)などが22円のアップになる。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
中小小規模事業者と官公需契約目標3兆8千億円
国内銀行92行の2017年3月期の平均年間給与は615万2,000円
アジア5ヶ国の若手ビジネスマン 職業観の違い
有効求人倍率は4.92倍 人手不足続く建設業界
5月の景気DIは前月から横ばいの46.5

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード菅義偉官房長官厚生労働省下請け中小企業

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース