IKEAのステンレス製ボウル、太陽光集め中に入れた食品が燃える問題

2017年6月28日 07:48

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

headless曰く、 IKEAのステンレス製ボウルで中に入れた食品が燃えてしまう問題が発覚したそうだ(The LocalConsumeristFOODBEASTAftonbladet)。

 この製品はサービングボウル「BLANDA BLANK」というもので、日本でも販売されている。通販サイトの商品写真では確認できないが、内部は鏡面仕上げになっているらしい。そのため集光効果が強く、日当たりのいい場所で使用すると中に入れた食品を焼いてしまう可能性もあるようだ。

 問題を発見したスウェーデンの男性は、天気のいい週末に屋外でブドウを楽しんでいたそうだ。しばらくして焦げるような臭いを感じたが、実際にブドウが燃え出すまでは近所で何か調理しているのだろうと思っていたとのこと。この男性は新聞紙の切れ端がボウルの中で焦げる様子を動画に撮影し、Facebookに投稿している。

 この問題についてIKEAは調査を行うとAftonbladetに回答したという。また、さまざまな要素が影響するため実際に発火する危険性は非常に低いとし、ボウルの形状から火が広がる可能性も非常に低いとThe Localに説明したとのことだ。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | サイエンス | idle

 関連ストーリー:
世界最大の集光型太陽熱発電所、鏡の向きがずれて火事が発生 2016年05月21日
世界最大の集光型太陽熱発電所は野鳥を捕える巨大な罠? 2014年08月24日
太陽熱を使って廃棄物を処理するトイレ 2014年03月18日
オーストラリアに「太陽の塔」 2002年09月09日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebookスウェーデンイケア(IKEA)

関連記事

広告