欧州委員会、Facebookに罰金 WhatsApp買収時に誤解招く情報

2017年5月23日 15:55

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward曰く、 欧州委員会(EC)がFacebookに対し、同社が2014年にWhatsAppを買収した際に「誤解を招く情報を提供した」として罰金を科すことを発表した(CNET JapanITmediaSlashdot)。

 FacebookはWhatsApp買収の際、FacebookのユーザーアカウントとWhatsAppのユーザーアカウントの対応付けは行わず、また技術的にもできないと主張していた。ところが買収後の2016年8月、Facebookは両サービスのユーザーデータをリンクさせることを発表した(ITmedia)。

 ECはこれに対し、Facebookの従業員らが2014年の時点でアカウントの対応付けを行う可能性を認識していたと判断し、同社に1億1000万ユーロ(約136億円、約1億2200万ドル)の罰金を科すことを決めたという。なおFacebookの直近の業績発表によると、同社の第1四半期の売上高は80億3200万ドルだった。

 スラドのコメントを読む | ITセクション | EU | Facebook

 関連ストーリー:
英メイ首相、不適切なコンテンツの管理が不十分なSNSやISPに対し罰則を与えることを公約に掲げる 2017年05月19日
ベルギーの監督当局、Facebookのユーザー追跡は違法と判定 2015年05月22日
ドイツの消費者保護相、政府は Facebook の使用をやめるべきと主張 2011年09月14日
ドイツ、Facebookの顔認識機能を違法と判定 2011年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードFacebook欧州委員会買収WhatsApp

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース