G7結束し諸課題に対処する旨発出したい、安倍首相

2017年5月11日 11:48

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 安倍晋三総理は10日の政府与党連絡会議で、今月にイタリア・シチリア島で開かれるG7タオルミーナ・サミットで「世界の経済成長をいかにしてけん引していくのか、北朝鮮など喫緊の問題にどのように対処していくべきか、新たにサミットに参加するリーダーを迎えて、首脳間で胸襟を開いて率直に議論し『G7が結束して国際社会の諸課題に対処していく』との、明確なメッセージを発出していきたい」と考えを伝えた。

 また、安倍総理はテロ等準備罪の創設法案など「国会で重要法案の審議が続いている」とし「政府として、引き続き丁寧な説明に努めていく」とした。

また「天皇陛下の退位を実現する法律案については、国会への提出に向けて鋭意作業を進めており、今国会での成立に全力を尽くしたい。皆様の御協力をお願いしたい」と語った。

このほか「成長戦略や骨太の方針を6月に策定したいと考えている。与党の皆様の意見を伺いながら、取りまとめ作業を加速していきたい」と語った。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
「タオルミーナ・サミットで会うの楽しみ」総理
報道の権力迎合「最も恐ろしい結果招く」石破氏
「来年は変化の可能性秘めた1年では」岸田外相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • ボルボ「S60」(画像: ボルボ・カー・ジャパン発表資料より)
  • ミニムーン20CD3 (c)  International Gemini Observatory / NOIRLab / NSF / AURA / G. Fedorets
  • SUBARU Labが入るH¹O渋谷三丁目の共用ラウンジのイメージ(画像: SUBARU発表資料より)
  • N-BOX、N-BOXカスタム:発表資料より
  • 新型N-ONE RS(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース