メキシコ観光局、テキーラの雨が降る雲を開発

2017年4月1日 16:43

印刷

記事提供元:スラド

テキーラの雨が降る雲「Tequila Cloud」をメキシコ観光局が開発したそうだ(Adweekの記事Foodbeastの記事動画)。

Tequila Cloudは超音波加湿器でテキーラを霧状にするという仕組みで本物の雲ではないが、テキーラのしずくが雨のように降るようだ。装置は雨の多い冬のドイツでメキシコ観光を宣伝するために広告代理店が作成したもので、ベルリンで展示されているという。テキーラの雲は外で雨が降っているときにのみ出現するが、雨は毎日のように降るため、1日に1回は見られるそうだ。ドイツはテキーラの輸入量が世界で2番目に多いこともあってテキーラの雲が選ばれたらしい。

 スラドのコメントを読む | idleセクション | クラウド | Wine | ビール | idle | IT

 関連ストーリー:
米大統領がメキシコとの国境に作ると主張している壁の仕様、公表 2017年03月21日
NASAの科学者ら、メキシコの鉱山で6万年前の生きた微生物を発見 2017年02月25日
「アニメ聖地」88カ所選定して誘客へ 2016年09月17日
ブータン政府、日本から「インスタグラマー」募集中。招待旅行中に最低500枚投稿できる人が条件 2016年05月11日
横浜市文化観光局がフォントを配布 2013年04月15日
テキーラから人工ダイヤモンドを生成する試み 2008年11月12日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードメキシコ

関連記事