米陸軍研究所、3Dプリンターで作ったグレネードランチャーを公開

2017年3月23日 08:26

印刷

記事提供元:スラド

 米軍が3Dプリンタでグレネードランチャーを製造したそうだ(ギズモード・ジャパンBusiness Newsline)。

 このグレネードランチャーは「Rapid Additively Manufactured Ballistics Ordnance(RAMBO)」と名付けられており、40mm口径のグレネード弾を発射できる。バネなどを除くほとんどの部品が、金属を使った3Dプリントで製造されているそうだ。さらに、弾丸も3Dプリントで作られているという。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | 軍事 | ハードウェア | プリンター

 関連ストーリー:
3Dプリント銃は「実用的」ではないという実験結果 2014年06月03日
英警察が押収した3Dプリントによる銃の部品、3Dプリンターの部品だと判明 2013年10月27日
3Dプリント銃、ロンドンの美術館に展示される 2013年09月18日
空母に搭載した3Dプリンタで「兵器の現地調達」 2013年06月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード米軍3Dプリンター

関連記事