薄毛パターンに関連する遺伝子見つかる、パターン診断の可能性も

2017年2月17日 09:32

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 男性において薄毛になるパターンは「頭頂部から」「前頭部から」「前髪の生え際から」など複数あり、人によって異なることが知られている。この「薄毛パターン」と遺伝子との関連性を調査した研究結果が発表された(EurekAlert!PLOS GENETICS掲載論文)。

 この研究は英国在住の5万2000人の男性を対象にしたもので、その結果薄毛に関連する遺伝子は少数で、さらに287の薄毛パターンに関連する遺伝子領域が存在することが分かったという。この遺伝子を調べることで、その男性が薄毛になるのか、どのような薄毛になるのかを調べられるようになる可能性がある。

 また、薄毛に関連する遺伝子は、髪の構造や成長にも関連しており、薄毛対策の薬や関連商品の開発に役立つ可能性もあるそうだ。

 スラドのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
バーコードヘアをバーコードリーダーで読み取るゲーム「はげピッ!ピッ!」 2014年09月18日
はげた男性は心臓病のリスクが高い傾向、形状でも異なる 2013年04月10日
iPS細胞を使った毛包の再生に成功 2013年01月28日
英国政府、禿治療用の自動化培養システムに資金援助 2006年10月08日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード遺伝子

関連記事

広告

財経アクセスランキング