東京都、白熱電球2個をLED電球1個と交換できるプログラムを開始へ

2017年1月30日 18:47

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 東京都が白熱電球2個を無償でLED電球1個と交換するプログラムを新年度より開始するという(NHK)。

 交換は電器店などで行えるとのこと。LED電球は白熱電球と比べて高効率だが、価格の高さが普及を阻害する要因になっているといい、そのため無料で電球の交換を行う取り組みを進めるそうだ。このため、すでに18億円の予算が盛り込まれているとのこと。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | ハードウェア | 電力 | 政府

 関連ストーリー:
パナソニック、LED電球に5年間の無料交換保証 2016年11月02日
東芝ライテック、2017年3月をもって蛍光灯器具の製造中止 2016年06月15日
「長寿命」をうたうLED電球、LED素子よりも先に回路がダメになるケースも 2016年02月23日
米ゼネラル・エレクトリック社、電球型蛍光灯の製造を2016年内に終了、LEDへ注力 2016年02月04日
東芝ライテック、白熱電球に続き電球形蛍光灯の生産も終了へ 2015年03月04日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東京都

関連記事