名護市東海岸1キロ沖合にオスプレイ不時着

2016年12月14日 17:05

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 防衛省は13日夜9時30分ころ、沖縄県名護市東海岸から約1キロメートル沖合で米軍機オスプレイが不時着したと14日発表した。5人が搭乗しており、うち2人が怪我をしているという。機体は大破した。

 稲田朋美防衛大臣は14日午前2時20分からマルチネス在日米軍司令官へ電話し、約30分間会談。「事故に係る原因究明・情報提供、安全が確認されるまでの飛行停止」を申し入れた。また、オスプレイの安全性に沖縄県民や国民が特に関心を寄せている中での、今回の事故について「遺憾だ」と伝えた。

 また、事故発生から約1時間後の10時28分に稲田防衛大臣は「情報収集を徹底し、状況の把握に努めること。人命救助に万全を期すこと。地元への説明など対応を確実にするよう」指示を出していた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北部訓練場4千ha返還式に翁長知事出席して
安全確保へ申し入れ続ける 稲田防衛大臣
ヘリパッド建設で環境アセス「法的な義務ない」
4千ha返還受ける為「やらざるを得ない」総理
国勝訴も、舞台は最高裁へ 沖縄辺野古問題

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事