稲田防衛相、翁長知事に北部訓練場4千ha返還式へ出席要請

2016年12月14日 11:54

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は13日の記者会見で、22日に予定している沖縄県北部米軍訓練場約4000ヘクタールの返還式に、沖縄県の翁長雄志知事に出席いただきたいと出席を要請した。

 翁長知事は北部訓練場へのペリパッド建設工事に自衛隊ヘリが投入されたことや現在建設中のヘリパット完成後のオスプレイ訓練などへの懸念などを理由に、政府に対し不信感があるとして、今のところ出席しない意向という。

 稲田防衛大臣は「自衛隊のヘリ使用については法的に問題ないし、必要最小限度ということで説明を事前にしてきた」と答えた。

 また、オスプレイの問題に関しては「地元の皆さん方に意見を聞きながら、しっかりと対策は講じていきたいということも申し上げている」とした。

 そのうえで防衛省として北部訓練場約4000ヘクタールの返還は20年越しの課題であり、本土復帰後最大の返還となると意義を語り「返還式において地元の皆様に御報告したいと考えているので、是非、翁長知事にも御出席いただきたいと思っている」と出席を要請した。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
沖縄北部訓練場4千haの22日返還へ協力一致
ヘリパッド建設で環境アセス「法的な義務ない」
土人発言の隊員配置換え、許すまじき発言と菅氏
ヘリパッド反対リーダー逮捕も工事に影響ない
4千ha返還受ける為「やらざるを得ない」総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事