ヘリパッド建設で環境アセス「法的な義務ない」、稲田防衛相

2016年11月21日 08:58

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 沖縄の米軍北部訓練場でのヘリパッド建設を巡り、北部訓練場のヘリパッドの環境影響評価ではCH53輸送ヘリコプターを対象にしたもので、オスプレイを対象にしたものではなかったとして、沖縄県と東村、国頭村の首長がオスプレイに関しての環境影響評価をするよう求めている件について、稲田朋美防衛大臣は20日までの記者会見で「環境評価に関しては既に行っていて、法的な義務のあるものではないと承知している」と環境影響評価の再実施には消極的姿勢を見せた。

 稲田防衛大臣は北部訓練場でのヘリパッド建設工事の状況について「北部訓練場の本年度中の返還に向け、今、移設工事を進めている。具体的には、ヘリパッドの移設工事の進捗状況に鑑みて、年内の返還を目指し、返還実施計画案を作成し、10月18日、沖縄県への意見照会を行い、今月16日、県からの同実施計画案に対する意見書の提出を受けた」とした。

 記者会見で記者団が、翁長雄志知事が21日にも上京し大臣に、環境影響評価を再度行うよう求めたい考えのようだが、との問いには「沖縄県知事との会談がセットされた状況ではありません」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
土人発言の隊員配置換え、許すまじき発言と菅氏
ヘリパッド反対リーダー逮捕も工事に影響ない
4千ha返還受ける為「やらざるを得ない」総理
北部訓練場ヘリパッド建設「法令に従い進める」
沖縄・ヘリパッド「1日も早く」と稲田防衛大臣

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード稲田朋美沖縄県オスプレイ米軍沖縄・高江ヘリパッド建設北部訓練場翁長雄志

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース