沖縄・ヘリパッド「1日も早く」―稲田朋美・防衛相

2016年9月28日 10:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 稲田朋美防衛大臣は27日の記者会見で、沖縄の米軍北部訓練場へのヘリパッド建設は「沖縄の負担軽減につながるものであり、1日も早くやっていくということだというふうに思う」と語った。

 また建設反対派から北部訓練場内で警備に当たっていた防衛職員が暴行を受けたとする事案について「北部訓練場内で警備に当たっていた防衛職員が、立入りが禁じられる提供施設・区域内に無断で侵入した者によって、押し倒され、地面に後頭部を強く打つなど、負傷したという事案だ」と説明。稲田防衛大臣は「違法な行為ということはやるべきではないと、不法な行為は許されないと思う」と指摘した。

 また、稲田防衛大臣は「安倍政権の方針として、沖縄の負担軽減については、全力を尽くすと所信表明でも言われているし、できることは何でもやっていくと。その上で北部訓練場の返還というのは沖縄の負担軽減に繋がるものであり、一つ一つ確実に結果を出していくというのが安倍政権の方針であり、防衛省の方針である」と答えた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
沖縄米軍北部訓練場「先送り許されない」総理
公明「参院選公約実現の場」共産「安保で対峙」
稲田防衛大臣 ありのまま語る
国会 自・維・生・社民・こころ5党の姿勢
大臣就任後、初めて 23日沖縄へ 稲田防衛相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード防衛省稲田朋美沖縄県米軍沖縄・高江ヘリパッド建設北部訓練場

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース