沖縄訪問中の稲田防衛相、対話の姿勢を強調 

2016年9月24日 16:29

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 沖縄県入りしている稲田朋美防衛大臣は23日の記者会見で、普天間飛行場の名護市辺野古への代替基地建設のための辺野古沖埋め立てを巡る裁判で、沖縄県が最高裁に上告したことについて「裁判とは別に県側と意見交換を続けていく」考えを強調した。

 稲田防衛大臣は「高裁の判決は国側の主張をほぼ認めた形だったが、今回、沖縄県側が上告をされたので、沖縄県側の主張を精査し、国として主張することになる」とした。

そのうえで「和解の中でも書かれていたように、訴訟手続きと平行して、しっかり協議を続けるということは重要というふうに思う。24日も知事とお会いするので意見交換したい」と対話の姿勢を強調した。

稲田防衛大臣は翁長雄志知事との会談では「歴代防衛大臣も沖縄の重要性、それから、安倍政権が負担軽減についても、真摯に向き合って、一つ一つ、目に見える形で行ってきたこと、これからも行っていくことなども話をしたい」と理解を得られるよう努めていくとした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
大臣就任後、初めて 23日沖縄へ 稲田防衛相
裁判所は「政府の追認機関」?と翁長沖縄県知事
国勝訴も、舞台は最高裁へ 沖縄辺野古問題
貴重な自然環境破壊の愚行直ちに中止を 学者ら
目に見える形で沖縄の負担軽減に努める 菅長官

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード稲田朋美沖縄県普天間飛行場辺野古翁長雄志

関連記事

広告