東村長はヘリパッド建設賛成で立候補、当選した―自民・佐藤正久氏

2016年7月31日 14:41

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 参院外交防衛委員長の佐藤正久元防衛大臣政務官は27日開かれた党国防部会・安全保障調査会合同会議の内容を30日までにブログで紹介した。沖縄・米軍北部訓練場のヘリパッド建設工事について「東村の(伊集盛久)村長はそもそも『(ヘリパッド工事)賛成』という立場で立候補し、当選した方」とし「工事が行われている現地の民意は『賛成』である。この点を忘れてはならない」と発信した。

 佐藤元防衛大臣政務官は「沖縄の基地問題を巡る動向について。政府側から北部訓練場のヘリパッド工事について説明があったが、併せて、沖縄選出の国会議員から本件に関する実態についても語られた。例えば、反対の声で盛り上がりを見せているように見える現場・東村の村長は、そもそも、(ヘリパッド工事)賛成という立場で立候補し、当選した方。工事が行われている現地の民意は賛成である」と伝えている。

 伊集村長は今月20日、ヘリパッド建設について「北部訓練場(7500ヘクタール)の過半(4000ヘクタール)が確実に返還されることで基地の整理・縮小につながる」と賛成の意向を改めて示している。一方で、オスプレイ配備には安全性が確認できていないとして反対。安全性が確認できれば容認する考えだ。

 また、北海道鹿追町の然別(しかりべつ)演習場で発生した陸上自衛隊の実弾誤射事案について「佐藤からは“根の深い背景”を2つの観点から説明した。1つは、射場不足。もう1つは撃ち殻薬きょうの扱い」と紹介し「特に後者は深刻である。射撃訓練を行う際、隊員は薬きょうを回収することに意識の大部分が割かれる。1発分でも紛失したら、全員で捜索しなければならないからだ。こうした状況は、これを機に是正する必要がある」と精通しているものでしか分からない指摘をした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
ヘリパッド建設 政府は地元民に寄り添う姿勢で
立木伐採の必要生じていない ヘリパッド関連で
キャンプ・シュワブ陸上部分の工事は別と防衛相
ヘリパッド建設の狙い、沖縄基地機能強化と集約

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード北海道自衛隊安全保障佐藤正久沖縄県オスプレイ米軍伊集盛久沖縄・高江ヘリパッド建設北部訓練場

関連記事