ブラジル裁判所、WhatsAppを24時間サービス停止に

2016年5月10日 17:03

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 ブラジルの裁判所がメッセージングアプリ「WhatsApp」にサービス停止を要求したと報じられている(ギズモード・ジャパン)。

 ブラジル現地時間5月2日の午後2時から約24時間ほど、WhatsAppによるメッセージの送受信ができなくなったという。ブラジルの裁判所がサービス停止を要求したためで、本来は72時間のサービス停止が予定されていたようだが、WhatsApp側が差し止め要求を行ったためにサービスが再開されたとのこと。

 サービス停止に至った詳しい情報は不明だが、組織的犯罪や麻薬取引に関係するものだという。また、司法当局はWhatsAppに対しユーザーデータの要求を行ったとのことだが、WhatsAppはこれを拒否したという。WhatsAppではすべてのメッセージを暗号化してやり取りしているとのことで、そもそもデータを渡すことは不可能だという。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 検閲 | プライバシ

 関連ストーリー:
iPhoneロック解除問題が「WhatsApp」にも飛び火か 2016年03月16日
政府機関からユーザーのデータを保護する姿勢に関するEFFの年次リポート、WhatsAppが最低評価 2015年06月20日
FacebookによるWhatsAppの買収、テクノロジー関連の企業買収では史上2番目に高額 2014年02月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードブラジルWhatsApp

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • ヤリスWRC:発表資料より
  • (c) 123rf
  • 大規模分譲住宅の一戸建てなら充電設備を設置してEV車保有することも可能だ(画像提供:住友林業)
  • 新しくなったアウディ・A5/S5シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース