甲状腺がんを嗅ぎ分けることのできる犬、その正確性は88.2%

2015年3月13日 12:24

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 米アーカンソー医科大学で、甲状腺がんを嗅ぎ分けられるように犬を訓練するという研究が行われた。その結果、尿の臭いから88.2%の確率で正確な診断を行うことができたという(Discovery.comSlashdot)。

 フランキーと名付けられたジャーマンシェパードのミックス犬は34の尿サンプルのうち30を正しく「診断」することが出来たとのこと。これは針を挿して行う通常の甲状腺生検の正確さを僅かに下回るだけの精度だという。

 現在の甲状腺がんの診断は不確定な場合も多く、不必要な手術や手術の繰り返しなどが多く行われているとのこと。研究者らはこのような犬の能力を使った検査を使えばより安価に、そして身体的負担も少ない生検を実現できると期待しているという。今後はオーバーン大学の獣医学部と連携し、2頭の爆薬検知犬を甲状腺がんを嗅ぎ分けられるよう訓練する予定とのことだ。

 呼気から肺がんや乳がんを嗅ぎ分けたりと犬の嗅覚を利用したがん検知は今までにも研究されてきており、その正確性もかなりなもののようだが実用化に至ったという話はあまり耳にしない。訓練や頭数を増やすためにかかる手間や費用がやはりネックになるのだろうか。

 スラッシュドットのコメントを読む | 医療

 関連ストーリー:
USBメモリやHDDを「臭いで発見できる」警察犬、児童ポルノ対策に導入される 2014年07月10日
アレルギーを治したいなら汚い犬を飼え 2013年12月19日
犬の思考が分かる日は近い? 2012年05月09日
海賊版DVDは臭いで判別? 2007年03月23日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

写真で見るニュース

  • 「HondaJet Elite」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ダイハツ・タント(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • あおり運転対策にこだわるなら、360度対応ドライブレコーダーの設置が考えられる。画像はイメージです。
  • 概要モードを表示し、「新しいデスク」をクリックすれば仮想デスクトップが追加される。目的ごとに使い分ければ作業効率が大幅にアップするだろう。
  • 「HomePod(ホームポッド)」(画像:アップルジャパンの発表資料より)
  • 「S-mile(スマイル)」によるデリバリーのイメージ。(画像: 藤田観光の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース