三菱電機、スマートハウス事業の新ブランド「ENEDIA」を展開

2014年8月19日 15:45

小

中

大

印刷

三菱電機は、スマートハウス関連事業の新しいブランド「ENEDIA(エネディア」を展開する。

三菱電機は、スマートハウス関連事業の新しいブランド「ENEDIA(エネディア」を展開する。[写真拡大]

写真の拡大

 三菱電機は19日、スマートハウス関連事業の新しいブランド「ENEDIA(エネディア」を策定し、同日から展開すると発表した。

 「ENEDIA」は、Energy-management Network Enhancing Demand-side Integration Activitiesの略だという。同社では、本ブランドをスマートハウス関連事業のトータルブランドとし、HEMS(ホームエネルギーマネージメントシステム)、ルームエアコン、冷蔵庫、ヒートポンプ式冷温水システム、IH クッキングヒーター、液晶テレビなどの各製品で展開する。

 また、ブランドの策定により、システム連携開発および提案をより強化するほか、カタログやホームページ、各種展示会などで順次使用することで、スマートハウス関連事業の認知度を向上させたいとしている。(記事:松本 茂樹・記事一覧を見る

関連記事

広告

写真で見るニュース

  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
  • 2021年シーズン カラーリングマシン(本田技研工業の発表資料より)
  • ©Bernardo Ramonfaur/123RF.COM
  • ジャイロ e:(ロスホワイト)(画像: 本田技研工業の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース