出光興産、ベトナムでバイオディーゼルの原料となる植物の試験栽培を開始

2011年11月9日 17:15

小

中

大

印刷

ヤトロファの試験栽培農場(写真提供:出光興産)

ヤトロファの試験栽培農場(写真提供:出光興産)[写真拡大]

写真の拡大

 出光興産は9日、ペトロベトナムオイル(本社:ホーチミン市、以下「PVオイル」)と共同で、バイオディーゼル燃料の原料の一つである油脂植物「ヤトロファ」の試験栽培をベトナムで開始していると発表した。今後、さらなる栽培技術の確立と事業化に向けて、同国での栽培面積を拡大していく。

 同社は、東南アジア地域において、将来の再生可能エネルギーとして有望なバイオ燃料事業への取り組みを進めている。その一環として、非可食のバイオディーゼル原料である油脂植物「ヤトロファ」に注目し、ベトナムにおいてペトロベトナムグループと共同で事業化の検討を行っている。

 ヤトロファは、一般的な農業には利用できないような荒地や比較的降水量の少ない気象条件でも育つという長所がある一方で、品種改良や栽培方法によって単位面積当たりの収穫量を上げることが事業化のための課題となっている。

 そこで同社は、PVオイルと共同でベトナム中南部ビンディン省において、今年6月からヤトロファの試験栽培を開始。今回、果実の一回目の収穫に際してベトナム政府関係者を招き、現地にて技術セミナーと収穫祭を実施した。

 今後は気候条件の異なる2箇所の地域を加え、試験栽培を3箇所、計6ヘクタールに拡大し、ベトナムでのバイオディーゼル事業の可能性を見極めていく予定。

関連記事