富士通とCray、スーパーコンピュータにおけるパートナーシップ契約を締結

プレスリリース発表元企業:Fujitsu Ltd

TOKYO, Nov 13, 2019 - ( JCN Newswire ) - 富士通株式会社(注1、以下 富士通)とスーパーコンピュータにおいてグローバルリーディング企業であるHewlett Packard Enterprise Co. 傘下のCray Inc.(注2、以下 Cray)は、エクサスケールにおけるスーパーコンピュータの提供に関して、このたびパートナーシップ契約を締結しました。

本契約に基づき、Crayは、スーパーコンピュータ「富岳」にも採用された富士通製のArmアーキテクチャで広帯域メモリを使用したCPU「A64FX」を搭載し、導入実績が豊富なCrayのクラスタスーパーコンピュータ「CS500」のスーパーコンピュータアーキテクチャとプログラミング開発・サポート環境が整備された商用スーパーコンピュータを提供します。

今後、富士通とCrayは、スーパーコンピュータを利用するお客様のニーズに応えるため、研究開発や市場開拓に向けた検討を進めます。

Crayのユーザーは、それぞれの分野のリーダーであり、ビジネス成長のため、最先端のコンピュータパフォーマンスを求めています。富士通製の新しいArmアーキテクチャのCPU「A64FX」は、Arm社のSVE(Scalable Vector Extensions)命令セットや広帯域メモリHBM(High Bandwidth Memory)の新しい要素を兼ね備え、特に第二世代であるHBM2は1TB/sの最大の理論メモリバンド幅(注3)により格段に速い転送速度を実現し、SVE命令セットはAIと機械学習とデータ分析の性能向上を実現しています。Crayが今回提供するスーパーコンピュータは、Armプロセッサをベースに、高並列性、低消費電力および高信頼性という優れた特長を持ち、高い処理能力を幅広くスーパーコンピュータ分野およびAIワークロードに最適なマシンであり、Crayのユーザーのニーズに応えることが可能です。

本スーパーコンピュータは、2020年半ばからCrayを通じてお客様に提供される予定です。お客様として、米国のロスアラモス国立研究所様、オークリッジ国立研究所様、ニューヨーク州立大学ストーニーブルック大学様、英国のブリストル大学様、国内では理化学研究所 計算科学センター様が導入を検討されています。

エンドースメント

Hewlett Packard Enterprise Co. 傘下のCray Inc. Senior vice president and CMO, Fred Kohout氏
富士通とのパートナーシップは、計算パワーを求めるお客様に幅広いプロセッサの選択肢を与えるでしょう。Crayは、HBMとSVEをサポートするArmアーキテクチャのCPUにおいて性能とスケーラビリティを最適化するために、Crayプログラミング環境(CPE)によりお客様の期待に応えられる開発・導入ノウハウを提供します。

富士通株式会社 理事 堀江 健志 氏
両社とも、スーパーコンピュータと並列演算処理という強力なテクノロジーを持っており、特に我々のArmアーキテクチャのCPU「A64FX」は、スーパーコンピュータ用に特別に拡張された、Arm®v8-AのSVE命令セットアーキテクチャを採用した世界初のCPUであり、データ処理量の多い、幅広いアプリケーションを高速動作させるように設計されています。Crayと協力して、次世代のコンピューティングに向けた技術やマーケットに関する検討を進めていけることは、大変喜ばしいことです。

Arm社 Senior Vice President, General Manager, Infrastructure Line of Business, Chris Bergey氏
Arm HPCのエコシステムが拡大することで、Armプロセッサは性能とイノベーションの点で力強く成長していくでしょう。これからも我々はプロセッサを革新的な環境に投入していきます。富士通とCrayが今回、最初にHBMを備えたスーパーコンピュータを市場投入し、Armがその一翼を担えることを誇りに思います。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2019/11/13.html

概要:富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

スポンサードリンク