JAS構造材利用拡大事業、個別実証事業 令和3年度第一次公募開始

プレスリリース発表元企業:一般社団法人 全国木材組合連合会

JAS構造材を活用する実証的取り組みに対し、その木材の調達費の一部を助成

木材利用の推進や木材関連産業の健全な発展を図りもって社会経済の発展に寄与することを目的とする一般社団法人 全国木材組合連合会(会長:鈴木和雄、所在地:東京都千代田区)は、木造建築を普及し、木材の需要拡大を図る『JAS構造材利用拡大事業』を令和3年度も実施します。




[画像1: https://prtimes.jp/i/55575/7/resize/d55575-7-258220-0.jpg ]

木造建築に品質・性能が明確なJAS製品を使っていただくことで、商業・公共施設、集合住宅等、中高層の木造建築でも安心して設計、建築していただだくことが可能です。地域の活性化をはかり、地球温暖化の主因である大気中の二酸化炭素を固定する木材の需要拡大による「木の街づくり」は、低炭素社会およびSDGsに大きく貢献します。

[表: https://prtimes.jp/data/corp/55575/table/7_1.jpg ]

詳しくは『JAS構造材利用拡大事業ウェブサイト』をご覧下さい。
https://www.JAS-kouzouzai.jp/
[画像2: https://prtimes.jp/i/55575/7/resize/d55575-7-552502-7.jpg ]



一般からのお問い合わせ:
一般社団法人 全国木材組合連合会 JAS構造材利用拡大事業事務局
担当:森田・平松
Tel:03-6550-8540 E-mail:info@JAS-kouzouzai.jp

PR TIMESプレスリリース詳細へ

スポンサードリンク