2021-01-22 18:26:00

ビューローベリタスがセキュラと協力してサイバーセキュリティーサービスをさらに拡大

プレスリリース発表元企業:Bureau Veritas
ビューローベリタスがセキュラと協力してサイバーセキュリティーサービスをさらに拡大



(仏ヌイイシュルセーヌ)-(ビジネスワイヤ) -- 試験・点検・認証の世界的リーダーのビューローベリタスは本日、サイバーセキュリティーサービスを専門とする独立系サービス企業であるセキュラの買収(株式の過半数の取得から開始)を完了したと発表しました。セキュラは今後、ビューローベリタスのサイバーセキュリティー戦略の要となります。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20210122005121/ja/

デジタルセキュリティーに対する需要が増加し、新しい規制が登場していることで、適合性評価の必要性が高まっています。その結果、サイバーセキュリティーの試験・点検・認証(TIC)サービスは、大幅な成長が見込まれ、顕著な勢いがある新興市場となっています。この新しく有望な適合性市場において、セキュラは評価の高いサイバーセキュリティー企業であり、TIC活動に強い志向性を持っています。

2000年にオランダで設立されたセキュラは、アイントホーフェンとアムステルダムの2カ所の技術センターに100人の従業員を擁しています。同社は2020年、1000万ユーロをわずかに下回る収益を公表しました。

確かな専門知識と能力を備えたセキュラは、包括的なセキュリティー手法を用いて、標準・フレームワーク・認証のプログラムに従って、サイバーセキュリティーのリスクの発見・評価を行っています。セキュラの使命は、「セキュリティーに関する洞察的知見を提供すること」です。

ビューローベリタスの最高経営責任者(CEO)であるディディエ・ミショー・ダニエルは、次のように述べています。「サイバーセキュリティーのリスクは、企業と個人の両方で同じように増大しています。個人と仕事のデータとシステムの保護は、セキュリティー、安全性、さらにはビジネスの持続可能性を取り巻く極めて重要な課題となっています。今回の戦略的提携は、ビューローベリタスが無形資産の適合性評価を速いペースで進展させる支えになります。サイバーセキュリティーTIC市場の現在の勢いは今後数年間に加速すると予想されるため、セキュラの専門力によって、重要な地域や業界に対処するための当社のグローバルサービスがさらに強化されるでしょう。ビューローベリタス執行委員会を代表して、セキュラの皆さんを心より歓迎します。」

セキュラのマネジングディレクターであるDirk Jan van den Heuvelは、次のように付け加えています。「ビューローベリタスとセキュラはどちらも、今後数十年はサイバーセキュリティーに大きなチャンスがあると考えています。社会の多くの場所でセキュリティーのレベルを上げることに明確なニーズがあります。ビューローベリタスと協力することで、当社の拡大は間違いなく促進され、セキュラがセキュリティーの専門性を提供する能力が向上します。私たちは、ビューローベリタスの展開地域の大きさと世界をリードする企業からビューローベリタスが誠実であると評価されていることから恩恵を受けるため、今回の戦略的な取り組みにより、将来は一層迅速に発展できるものと確信しています。」

セキュラは、人・組織・技術(ネットワーク、システム、アプリケーション、データ)を対象とするセキュリティーに関する試験・監査・トレーニング・認証のサービスを提供しています。同社は広範囲にわたるを保持し、さまざまな標準(ISO 270011、NIST CSF2、OWASP ASVS3、ISAE 3000/34024、UNECE5規制、ETSI EN 303 6456、IEC 624437、コモンクライテリア8を含む)に従ってセキュリティー試験と認証サービスを提供する事業において、一流の認定とライセンスを広範に取得済みです。

同社は欧州のセキュリティー市場にしっかり立脚する一方で、現在は多様な国際的顧客基盤にサービスを提供しており、技術、エネルギー、工業、自動車、金融、公共、医療の各市場に力点を置きながら、すべての分野で活動しています。

1 ISO 27001は情報セキュリティーマネジメントの有数のグローバルスタンダードです
2 NISTサイバーセキュリティーフレームワーク(CSF)は、サイバー攻撃の識別・検出、サイバー攻撃への対処にうまく備えるために民間企業が従うべき一連のガイドラインです
3 OWASPアプリケーションセキュリティー検証標準(ASVS)は、セキュリティーの高いアプリケーションの設計・ビルド・試験を行うために使用できるセキュリティー要件とガイドラインの詳細なリストです
4 ISAE 3000/3402は、非財務情報(3000)および内部統制(3402)に関して保証するための規格です
5 国際連合欧州経済委員会(UNECE)の規制は、車両の安全性、環境保護、エネルギー効率、盗難防止を対象範囲としてカバーしています
6 ETSI EN 303 645は、消費者向けIoTデバイスの基本要件を規定しています
7 IEC 62443標準は、制御システムのコンポーネントと各システムのセキュリティー機能を規定しています
8 情報技術セキュリティー評価のためのコモンクライテリア(コモンクライテリアまたはCCと呼ばれる)は、コンピューターセキュリティー認証の国際標準(ISO/IEC 15408)です

ビューローベリタスについて
ビューローベリタスは、ラボ試験・点検・認証サービスの世界的リーダーです。当グループは1828年に設立され、7万5000人以上の従業員が世界1500カ所以上のオフィスと研究所で働いています。ビューローベリタスは、サービスと革新的ソリューションの提供を通じてクライアントの業務改善を支援し、資産、製品、インフラ、プロセスが、品質、健康・安全、環境保護、社会的責任に関する基準と規制に確実に適合するようにしています。

ビューローベリタスは、ユーロネクスト・パリに上場され、ネクスト20指数の構成銘柄です。

コンパートメントA、ISINコード FR 0006174348、株式シンボル:BVI

詳細情報については、www.bureauveritas.comをご覧になり、当社をツイッター(@bureauveritas)とリンクトインでフォローしてください。

セキュラについて

セキュラはサイバーセキュリティーを専門とする独立系企業です。セキュラは、貴重な資産とデータを保護するための洞察的知見を提供します。IT、OT、IoTの分野においてサイバーセキュリティーを目に見えて測定可能なものにします。セキュリティーに関する助言、試験、研修、認証のサービスを提供するセキュラは、サイバーセキュリティーに総合的に取り組み、人、ポリシー、組織プロセスからネットワーク、システム、アプリケーション、データに至るまでのあらゆる側面をカバーしています。

詳細情報については、www.secura.comをご覧ください。

この情報はブロックチェーン技術で認証を受けています。

本プレスリリースが真正であることをwww.wiztrust.comでご確認ください。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。



businesswire.comでソースバージョンを見る:https://www.businesswire.com/news/home/20210122005121/ja/

連絡先
ANALYST/INVESTOR CONTACTSLaurent Brunelle
+33 (0)1 55 24 76 09
laurent.brunelle@bureauveritas.comFlorent Chaix
+33 (0)1 55 24 77 80
florent.chaix@bureauveritas.comMEDIA CONTACTSVéronique Gielec
+33 (0)1 55 24 76 01
veronique.gielec@bureauveritas.comDGM Conseil
+33 (0)1 40 70 11 89
thomasdeclimens@dgm-conseil.fr / quentin.hua@dgm-conseil.fr

プレスリリース情報提供元:ビジネスワイヤ

スポンサードリンク

広告

写真で見るニュース

  • Audi Q2。画像は欧州仕様(画像: アウディ・ジャパンの発表資料より)
  • マイルドハイブリッド搭載が決まったBMW・X7 xDrive40d(画像: BMWジャパン発表資料より)
  • Photo:日本自動車工業会 豊田会長から550万人への年頭メッセージの冒頭部分
  • ルノー・トゥインゴ バイブス(画像: ルノー・ジャポン発表資料より)
  • マクラーレン・アルトゥーラ(画像: マクラーレン・オートモーティブ発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース