電気ATV・UTVの市場規模、2020年からCAGR23.37%で成長し、2030年には43億米ドル到達予測

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「電気ATV (全地形対応車) および電気UTV (ユーティリティ全地形対応車) の世界市場 (2019-2030年):製品・用途・地域別」 (BIS Research Inc. )の販売を10月30日より開始いたしました。

電気ATV・UTV市場の需要は、主に電池式電気自動車(BEV)やハイブリッド電気自動車(HEV)のような効率的な車両が世界中で増加していることに起因しています。さらに、従来の自動車による、環境に有害な排出ガスを抑制するために、生産者と消費者の両方に一定の規制を施行していることも、電気ATVとUTVの市場を後押ししています。

アメリカ国家規格協会によると、ATVは、低圧タイヤで走行する車両であり、オペレーターが座るシートとステアリングホイールのハンドルバーを備えています。名前が示すように、市販されているどの車両よりも広い範囲の地形を登るように設計されています。OEMが提供するATVには、主にスポーツATVとユーティリティATVの2種類があります。ユーティリティテレインビークル(UTVs)は、同じドライブトレインとエンジンを備え、起伏の多い地形で使用されるため、ATVと非常によく似ています。UTVには、スポーツUTV、ユーティリティUTV、スポーツユーティリティUTVの3つのタイプがあります。

ATVやUTVの多くのメーカーは、自社の車両モデルのEVバリアントを開発しています。電気ATVやUTVの適用分野の拡大は、EVの安全規制の強化、より良い運転体験への需要の高まり、およびEVのメンテナンスコストの安さにも牽引されています。さらに、二酸化炭素排出量を削減するために、政府や連邦政府機関が、補助金やインフラ整備など巨額な投資の下、EVを推進していることが、電気ATVとUTVの売上をさらに後押ししています。

市場の成長を妨げる主な要因は、内燃エンジンのATVやUTVと比較して電気ATVやUTVの小売価格が高いこと、走行距離の不安、バッテリーの重量や大きさが電気自動車の性能に与える影響などです。


電気ATV・UTVの市場規模は、2019年の4億6890万米ドルから2030年には43億米ドルに達し、2020年から2030年の間のCAGRは、23.37%で成長すると予測されています。市場の成長は主に、電気自動車に関する政府の政策、充電インフラの利用可能性の向上、二酸化炭素排出量のレベルを最小限に抑える必要性に起因しています。さらに、電気ATVやUTVは所有コストが低く騒音も少ないことも、市場成長を牽引すると予想されています。

競争環境

製品の発売と機能強化、およびパートナーシップの締結とコラボレーションは、電気ATVとUTV市場で実行されるビジネス戦略の一部です。市場の関連企業には、CFmoto、DRR USA、Tesla、Arctic Cat、HiSun Motors、本田技研工業、Nikola Corporation、Club Car, LLC、Bombardier Recreational Products、Segway Technology Co. などがあります。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis960642-electric-all-terrain-vehicle-atv-utility-terrain.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク