三菱食品と富士通、売買に関わる照合手作業をAIで効率化

プレスリリース発表元企業:Fujitsu Ltd

TOKYO, Oct 29, 2020 - ( JCN Newswire ) - 三菱食品株式会社(本社:東京都文京区、代表取締役社長:森山 透、以下 三菱食品)と富士通株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:時田 隆仁、以下 富士通)は、売掛照合業務を効率化するAI(以下、売掛照合AI)を共同で開発し、パイロット運用を11月16日より開始します。

売掛照合業務とは、自社請求電子データと得意先支払電子データを照合する業務です。両データを伝票番号などの一意な情報で結び付けられない場合があり、これまで、三菱食品の財務経理業務職員が月に1,000時間以上かけて手作業で照合を行っていました。

両社は、こうした照合手作業を効率化するために、6百万件に及ぶ取引データを分析し、現場の意見を取り入れながら検証と改善を2020年3月から繰り返しました。その結果、財務経理業務職員の暗黙知を抽出し、過去の照合実績データを学習することで、照合結果を提示する売掛照合AIの開発に成功しました。売掛照合AIを財務経理業務職員が活用することで、月に1,000時間以上かけていた手作業の照合時間のうち数百時間を削減することができる見込みです。また、経験の浅い財務経理業務職員でも、照合誤りなどの人的ミスの削減が可能です。

両社は、売掛照合AIの開発以前に、すでに2019年2月から同様の技術を用いた買掛照合AIを開発し、財務経理業務職員の業務の効率化を進めており、月に2,000時間以上かかっていた照合手作業時間のうち、数百時間の削減を達成しています。

三菱食品は、食のライフラインを支える食品流通業界のリーディングカンパニーとして、安心安全な商品を顧客小売業や消費者に競争力を以って供給する社会的使命を果たすべく、先んじてデジタル技術を活用した業務改革を進めています。コロナ禍で新しい働き方が求められていることも踏まえ、本件を始めとする様々な取組みで、食品流通業界各社様とも連携し、食品流通業界における効率的な業務プロセスを追求していきます。

富士通は、今後もAIなどの先端テクノロジーと業務ノウハウを活用して、食品流通業界をはじめとする企業や社会のさらなるデジタルトランスフォーメーションを牽引していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/10/29-2.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

スポンサードリンク

広告