3D・4D軍用レーダー市場、2020年から2025年にCAGR3.51%で成長予測 北米は世界シェアの31.02%を支配

プレスリリース発表元企業:株式会社グローバルインフォメーション
3D・4D軍用レーダー市場、2020年から2025年にCAGR3.51%で成長予測 北米は世界シェアの31.02%を支配


株式会社グローバルインフォメーションは、市場調査レポート「3D・4D軍用レーダーの世界市場:2020-2025年」 (BIS Research Inc. ) の販売を10月28日より開始いたしました。

3D・4D軍用レーダー市場予測

3D・4D軍用レーダーの市場は、2020年から2025年にCAGR3.51%で成長すると予測されています。2019年の北米は、世界シェアの31.02%を支配しました。2019年に、北米では、軍による指示なく遠征作戦を実施できる高度な軍用レーダーの必要性から、米国は高い市場シェアを獲得しました。また、大手企業は米軍向けの高度な製品ポートフォリオの開発にも注力しており、3D・4D軍用レーダー市場に大きな変化をもたらすことが期待されています。

例えば、Northrop Grumman社は2020年3月、フロリダ州エグリン空軍基地で、統合航空・ミサイル防衛(IAMD)センサーを備えた高機動多目的車(Humvee)に搭載した高適応型マルチミッションレーダー(HAMMR)システムを米陸軍に披露し、無人航空機を追跡または標的にすることが可能である事を証明しました。3D・4D軍用レーダーは、インド・中国、インド・パキスタン、イラン・イラク、レバノン・サイリア、イラン・サウジアラビアなどの国境を越えた紛争の増加により、その重要性が高まっており、各国はレーダー市場を強化するために、自国のレーダーシステムを開発するか、FMS(Foreign Military Sales)を通じて他国から調達することが増えています。ただし、予算上の制約と、独自にレーダーシステムを開発できない国の存在は、この市場の成長の妨げとなっています。

3D・4D軍用レーダー市場の分類

軍事目的のアクティブスキャンアレイアンテナシステムなどの、技術的に高度なアンテナを開発することにメーカーが焦点を合わせたため、2019年のアンテナコンポーネントは、3D・4D軍事レーダー市場を支配しました。

用途別では、兵器誘導、空域監視と交通管理、地上監視と侵入者検知、空とミサイル防衛、地雷検知と地下地図作成、空中地図作成、地上戦力の保護と対砲兵、および天候の監視などに、市場は分類されます。

寸法区分別には、市場は3Dレーダーと4Dレーダーに区分されています。

周波数帯別には、UHF帯・VHF帯、S帯、L帯、X帯、C帯、K帯、Ku帯、Ka帯があります。

プラットフォーム別には、陸上、海軍、空挺に分類されます。

【 当レポートの詳細目次 】
https://www.gii.co.jp/report/bis959512-global-3d-4d-military-radars-market-focus-on.html

ご購入検討用にレポートサンプルのご提供や試読サービスなども行っております(無料)。

【本件に関するお問合せは下記まで】
販売代理店 株式会社グローバルインフォメーション
Tel:044-952-0102
e-mail:jp-info@gii.co.jp
URL:https://www.gii.co.jp/
〒215-0004
神奈川県川崎市麻生区万福寺1-2-3 アーシスビル7F


提供元:valuepressプレスリリース詳細へ

プレスリリース情報提供元:valuepress

スポンサードリンク

広告