日本製鉄 自社保育所の設置拡大について ~新たに東日本製鉄所鹿島地区に設置~

プレスリリース発表元企業:日本製鉄株式会社




日本製鉄株式会社(以下、日本製鉄)は、少子高齢化が進むなかで、スタッフ職場、操業・整備職場を問わず、女性や高齢者など多様な人材がより一層活躍できる職場環境を整備する観点から、これまで様々な施策を推進してまいりました。こうした施策の一環として、今般、交替職場で働く社員のニーズにも対応可能な自社保育所を、新たに東日本製鉄所鹿島地区に開設することといたしました。

出産・育児期にある交替勤務社員の就労支援に関しては、地域ごとの育児環境等も踏まえながら順次具体施策の整備を図っております。今回、鹿島地区に設置する保育所は、九州製鉄所大分地区(「大分どんぐりのもり保育園」、2016年4月開園)、東日本製鉄所君津地区(「かずさみどりのもり保育園」、2017年4月開園)、九州製鉄所八幡地区(「鞘ケ谷ほたるの里保育園」、2017年4月開園)、名古屋製鉄所(「東海さくらのみち保育園」、2018年10月開園)、瀬戸内製鉄所広畑地区(「広畑あおぞら保育園」、2019年4月開園)に続く6箇所目の自社保育所です。

いずれの施設も、交替勤務社員のニーズを踏まえ、必要に応じ24時間保育へ移行することとしており、九州製鉄所大分地区では、既に2018年1月より24時間保育を実施しております。
なお、今回新設する鹿島地区の保育所では、隣接する日本製鉄の診療所と連携した保育運営も実施する予定です。

日本製鉄は、出産・育児期にある社員も含めた多様な人材が活きいきと働くことができる職場、活力ある企業を実現するべく、今後も就労支援施策の充実を図って参ります。

【新設する保育所の概要】
1)名称   : (未定)
2)場所   : 鹿嶋市光953番地16(日本製鉄 鹿島人材育成センター隣接地)
3)建屋   : NSスーパーフレーム工法Ⓡ 平屋建 床面積約400平方メートル(121坪)
4)定員   : 40名
5)運営   : 株式会社タスク・フォース ミテラへ委託
6)料金   : 鹿嶋市内認可保育所と同水準で検討中
7)開園時間 : 月~金曜日 6:00~24:00を予定
         *交替勤務者の利用等、ニーズに応じ24時間保育への移行を検討
8)開園時期 : 2021年9月予定

<完成予想図>


[画像1]https://user.pr-automation.jp/simg/84/42417/500_257_202010221343195f910de77f841.jpg


お問い合わせ先:本社総務部広報センター TEL03-6867-2146、2135、2977、3419
        東日本製鉄所総務部鹿島総務室 TEL0299-84-2276
以 上


[画像2]https://user.pr-automation.jp/simg/84/42417/400_50_202010221343265f910dee378c3.jpg



プレスリリース情報提供元:Digital PR Platform

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • (c) 123rf
  • 宇宙からのライブ配信によるカウントダウン映像の想像図 (c) KIBO宇宙放送局
  • (c) 123rf
  • 「魔女がいっぱい」(c) 2020 Warner Bros. Ent. All Rights Reserved.
  • 「日産ギャラリー ウインターイルミネーション2020」で展開される「クリスマスデコレーション I2V SPOT」(画像: 日産自動車発表資料より)
  • 「ランキング通知」の画面イメージ。(画像: LINE証券株の発表資料より)
  • 新型ソリオ発表会の様子。(画像: スズキの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
 

広告

ピックアップ 注目ニュース