日本PCサービスの「デジタル遺品ガイドブック2020 」を無料公開!

プレスリリース発表元企業:日本PCサービス株式会社
過去10期・デジタル遺品関連の相談件数(日本PCサービス調べ)

デジタル遺品ガイドブック2020(日本PCサービス)


IoT機器の設定・トラブル解決を行う日本PCサービス株式会社(本社:大阪府吹田市、代表取締役社長:家喜 信行、証券コード:6025、以下「当社」)は、デジタル遺品の対応ノウハウをまとめたガイドブック2020を、2020年8月11日(火)より提供します。


デジタル遺品ガイドブック配布の背景


当社は独立系の企業として、パソコンやスマートフォンなどIoT機器のトラブル解決や設定を年中無休、全国で対応しています。昨今、幅広い年代でデジタル機器が利用される中、亡くなった方の遺した機器やデータが、いわゆる「デジタル遺品」として問題になっています。デジタル遺品に関する対応や処理に困り、当社に寄せられる相談も、過去10年増加傾向です(グラフ参照※)。


画像 : https://newscast.jp/attachments/1pd148fPM5JS1POSUWKq.png
過去10期・デジタル遺品関連の相談件数(日本PCサービス調べ)


生前のデジタルデータ整理のすすめ


当社のノウハウを集めた、2020年版「デジタル遺品ガイドブック」を、2020年8月11日(火)より、無料で提供いたします。ガイドブックを元にデジタル資産の管理や継承方法について、お盆休みにご家族で話し合うきっかけとなることを期待しています。当社が運営するドクター・ホームネットWebサイトより、24時間いつでも入手が可能です。新型コロナウィルスの影響で、コロナ禍によりお盆休みに帰省を控えるかたも、オンラインで親御さんに共有が可能です。今後は、デジタル遺品サポートだけでなく、生前に準備しておけるデジタルデータ整理のサポート展開を予定しており、増えるデジタル資産におけるサポートを拡充してまいります。


デジタル遺品ガイドブック2020の内容


当社に寄せられた相談やサポート経験をもとに、生前にできるデジタル資産整理などをご紹介します。


画像 : https://newscast.jp/attachments/070SsZD4Ey4Bqs9Hv8Ba.jpg
デジタル遺品ガイドブック2020(日本PCサービス)


■内容■
 1.デジタル遺品とは
 2.よくあるデジタル遺品のお困りごと
 3.生前にするべき準備
 4.デジタル資産継承メモ
 5. デジタル遺品のお困りごと解決方法


参考:デジタル遺品に関する相談内容と利用者の声


当社に寄せられるデジタル遺品に関する相談のトップ3は下記のとおりです。 
1位:パスワード解除(57%)
2位:データ削除や移行の相談(10%)
3位:ソフト関連のトラブル・設定(4%)
  パソコンの設定見直し(4%)
※20期:2019年9月~2020年7月経過累計 当社調べ


最も多い相談はパスワード解除です。パソコンにログインできず、SNSアカウントの削除や、加入していた会員サービスの解約ができない。ネットバンクや株取引の情報などデジタル資産の確認ができないなど、残されたご家族が困り、相談が寄せられます。次いで、パソコンの処分に伴うデータ削除。継承してパソコンを利用するためにデータの移行や、パソコンやソフトの設定見直し相談などがあります。
パソコンやスマートフォンを利用することがあたりまえとなった現代、デジタル資産の情報管理とご家族間で情報が共有できるよう生前整理を行うことを推奨いたします。


「デジタル遺品ガイドブック2020」無料ダウンロードはこちら


ドクター・ホームネットのデジタル遺品サポートサービスにて公開。24時間いつでも無料ダウンロードが可能です。お盆休みにぜひご家族でご相談ください。


デジタル遺品ガイドブック 無料ダウンロード : https://www.4900.co.jp/service/memento.php


日本PCサービス株式会社について


代表者:代表取締役社長:家喜 信行
設立:2001年9月
資本金:3億1009万円
事業内容:ホームIoTの修理・設定・トラブル解決などのサポートサービス、パソコン・スマートフォン・HEMS・ネットワーク機器等の販売 他
所在地:大阪府吹田市広芝町9-33
日本PCサービスURL:https://www.j-pcs.jp/
ドクター・ホームネットURL:https://www.4900.co.jp




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク