星のや竹富島 満天の星空を眺めながらストレッチ!日本初の「星空保護区」のもとで就寝前にリラックスする「てぃんぬ深呼吸」実施

プレスリリース発表元企業:星野リゾート



沖縄県・竹富島にある滞在型リゾート「星のや竹富島」では、満天の星を眺めながら行う「てぃんぬ*1深呼吸」を毎日開催しています。日本初となる「星空保護区*2」にも認定されている八重山エリアでは、88星座中84星座が見えるほど日本の中でも星空が綺麗な地域です。周りに高い建物がなく、星空が広がる屋外のプールサイドで、満天の星と月のパワーを感じながらストレッチを行います。深呼吸しながら、ゆっくりとした動きでストレッチすることで心身をリラックスさせ、心地よい眠りへと誘います。
*1 沖縄の方言で「天の」
*2 国際ダークスカイ協会が2001年に始めた「ダークスカイプレイス・プログラム」(和名:星空保護区認定制度)において認定される6つのカテゴリーから成るダークスカイプレイスの認定地を総称した名称のこと。
参考:国際ダークスカイ協会ウェブサイト [http://www.darksky.org/]{http://www.darksky.org/}


画像 : https://newscast.jp/attachments/y2AEEVcnFn1kpFKqC7wR.jpg


満天の星の下、プールサイドで過ごす夜のひととき


施設の中央に位置する屋外のプールは、すり鉢状になっており、座ったり寝転んだりすると視界いっぱいに星空を望みます。「てぃんぬ深呼吸」は、日本初の「星空保護区」にも認定された竹富島の星空の下、就寝前の時間に開催しているストレッチです。深呼吸をしながら行うストレッチでは、芝生の感触や虫の鳴き声、プールサイドの草花の香りを感じながら、心と体をほぐし、睡眠前にリラックスできます。またプールは24時間遊泳可能なため、プールに浮かび星空を眺めながらゆったりと過ごすこともできます。


「てぃんぬ深呼吸」概要


期間:通年
時間:21:15~21:45
料金:無料


<最高水準のコロナ対策宣言>



YouTube動画 :
https://www.youtube.com/watch?v=4Mtj_UtcOhA


【1】衛生管理
星野リゾートでは、コロナ対策の一環として、お客様の健康と公衆衛生を考慮し、以下の対応を行っております。
・チェックイン時の検温実施
・通常の客室清掃に加え、ホテル館内のアルカリ電解水による清掃と拭き上げ
・館内各所に除菌用アルコールを設置
・全客室に手指消毒用アルコールを設置
・レストラン入店時に全てのお客様へ手指のアルコール消毒を実施
・食器類(お皿、グラス)やカトラリーの高温洗浄(80度以上)、食事用トレイの除菌洗浄
・フロントにパネルやビニルシートなどのパーテーションを設置
・館内での接客業務の際にマスクを着用
・スタッフの健康と衛生面の管理徹底(出社前の検温と記録確認)


【2】3密回避
密閉、密集、密接の3つの「密」を回避する滞在を作るべく、以下の対応を行っております。
・大浴場の混雑度がスマートフォンで分かる3密の見える化サービス実施(一部)
・滞在中、混雑が確認された場所での、入所・入店規制
・レストランの混雑状況を管理し、入店時間の分散化
・チェックアウトのフロント精算時に、入列規制を適宜実施
・客室でのチェックイン対応(星のや・界)


関連資料:[【星野リゾート】コロナ対策まとめ]{https://drive.google.com/drive/folders/1VE_ZHeCzopebvZ3htCnqGYAdITPAQh9E}


星のや竹富島


竹富島の東に位置する琉球赤瓦の集落「星のや竹富島」。約2万坪の敷地には、
島内の家々と同じように「竹富島景観形成マニュアル」に従い、伝統を尊重して建てた戸建の客室、白砂の路地、プール、見晴台などがあり、小さな集落が構成されています。
〒907-1101 沖縄県八重山郡竹富町竹富/客室数48室
[https://hoshinoya.com/]{https://hoshinoya.com/}




詳細はこちら
プレスリリース提供元:@Press

スポンサードリンク

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース