第一生命と富士通、AIがお客さまの意向に基づき保障プランを提示するシステムを開発

プレスリリース発表元企業:Fujitsu Ltd

TOKYO, Jul 29, 2020 - ( JCN Newswire ) - 第一生命保険株式会社(代表取締役社長:稲垣 精二、以下「第一生命」)と富士通株式会社(代表取締役社長:時田 隆仁、以下「富士通」)は、保障設計予測モデルを構築し、AIがお客さまの意向に基づいて保障プランを提示する「AI保障設計レコメンドシステム(以下、「本システム」)」を開発しました。第一生命において2020年4月に本システムの全国展開を開始し、生命保険業界初の取組みとして7月3日に第一生命から単独特許を出願しました。

本システムは、第一生命の生涯設計デザイナーが過去作成した約1,700万件の保障設計データをAIが機械学習し、ご加入中の契約情報に加え、お客さまの重視したい保障内容や、保険料の予算等のご意向に基づき、「3大疾病等重視プラン」「死亡重視プラン」「病気・ケガ重視プラン」等の保障プランを自動作成します。本システムでは、生涯設計デザイナーが行っている保険提案のプロセス(1.お客さまニーズ確認ステップと2.具体的提案ステップで構成)をAIがアシストすることで、入社が間もない生涯設計デザイナーを中心に、コンサルティング力の高度化・品質の均質化を可能とします。また、本システムでは複数のプランを比較表示できるため、よりご意向に沿ったプランを選択していただきやすく、お客さま満足度の向上を実現します。

富士通は、本システムにおいてAI学習モデルの構築およびアプリケーション、クラウド基盤の開発支援と運用を担当しています。

また、本システムでは、第一生命の生涯設計デザイナー1人あたり年間約120時間を効率化し、ワーク・スマートを後押しするとともに、今後はオンラインでのコンサルティングも可能とするなど、お客さまのご意向に応じたご案内が可能となるようデジタル技術の活用を促進していきます。

第一生命は協業企業の先端テクノロジーを幅広く取り入れながら、引き続き、最適な保障のご提供を通じて、お客さまの安心で豊かな生活をお支えし、お客さま一人ひとりの「QOL(Quality of Life)向上への貢献(注1)」を目指します。

富士通は、今後もAIなどの先端テクノロジーと業種業務ノウハウを活用し、金融業界をはじめとする企業や社会のさらなるデジタルトランスフォーメーション(DX)を牽引していきます。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://pr.fujitsu.com/jp/news/2020/07/29.html

概要: 富士通株式会社

詳細は http://jp.fujitsu.com/ をご覧ください。

スポンサードリンク