1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 企業リサーチ(1)

企業リサーチのニュース一覧

rss

■業績動向 3. 収益化へのロードマップ ジーンテクノサイエンス<4584>は収益化に向けたロードマップを明らかにしている。 08/07 15:21

■ジーンテクノサイエンス<4584>の業績動向 1. 2020年3月期業績概要 2020年3月期よりセルテクノロジー等を子会社化したことに伴い、連結決算を開始している。 08/07 15:20

■ジーンテクノサイエンス<4584>の開発パイプラインの状況 3. 新規バイオ事業 (1) 歯髄幹細胞 歯髄幹細胞を用いた再生医療等製品の開発では2019年以降、複数の企業及びアカデミアと、合計7つの対象疾患で共同研究を開始している。 08/07 15:19

■ジーンテクノサイエンス<4584>の開発パイプラインの状況 2. バイオ新薬事業 「GND-004」はルセンティスやアイリーアとは異なる作用機序(抗RAMP2抗体)による新生血管形成阻害剤として、両製剤が効かない眼科関連疾患の患者や、べバシズマブが効かないがん患者等に対する治療候補薬として非臨床試験を進めている。 08/07 15:18

■ジーンテクノサイエンス<4584>の開発パイプラインの状況 (3) GBS-010 GBS-010はフィルグラスチムにPEG(ポリエチレングリコール)を修飾することで投与回数を減らし、効果の持続性を増したペグフィルグラスチム(商品名:ジーラスタ/ニューラスタ)のバイオシミラーとなる。 08/07 15:17

■ジーンテクノサイエンス<4584>の開発パイプラインの状況 1. バイオシミラー事業 バイオシミラー事業でのパイプラインの進捗としては、2019年11月に「GBS-011」(ダルベポエチンアルファBS)の販売が開始されたほか、2020年2月に「GBS-007」(ラニビズマブBS)の第3相臨床試験の最終患者の観察期間が終了し、製造販売承認申請に向けた準備が進んでいるものと見込まれる。 08/07 15:16

■会社概要 (3) 事業モデル ジーンテクノサイエンス<4584>の事業モデルは、高い安定性と早期の収益化が見込めるバイオシミラー事業と、高い成長性を目指すバイオ新薬事業をバーチャル型事業開発体制※で展開しているのが特徴で、新たに第3の成長エンジンとして新規バイオ事業(再生医療/細胞治療等)を育成すべく注力している。 08/07 15:15

■会社概要 (2) 歯髄幹細胞を用いた再生医療について ジーンテクノサイエンス<4584>は新規バイオ事業(再生医療/細胞治療)を第3の柱とするため、2019年4月に、セルテクノロジーを株式交換により完全子会社化した。 08/07 15:14

■会社概要 2.事業内容 ジーンテクノサイエンス<4584>は、2019年3月期より企業体としての新たなステージを指すGTS3.0「バイオで価値を創造するエンジニアリングカンパニー」を目標に掲げ、これまでの事業活動で培ってきたバイオ技術に関するノウハウと知見を生かしてバイオ新薬事業、バイオシミラー事業を展開しているほか、新たに子会社化したセルテクノロジーや日本再生医療が持つ再生医療分野の技術等を生かして新規バイオ事業の育成にも注力し始めている。 08/07 15:13

■会社概要 1. 会社沿革 ジーンテクノサイエンス<4584>は、北海道大学遺伝子病制御研究所における研究成果をもとに、診断薬や治療薬の開発を行う目的で設立された大学発のバイオベンチャーで、設立は2001年となる。 08/07 15:12

■要約 ジーンテクノサイエンス<4584>は、北海道大学発の創薬ベンチャー。 08/07 15:11

■株主還元策 株主還元策として、神戸物産<3038>は経営成績に応じた配当金のほかに、株主優待制度を導入している。 08/07 15:09

■今後の見通し 2. 中期経営計画 神戸物産<3038>は2022年10月期を最終年度とする3ヶ年の中期経営計画を期初に発表している。 08/07 15:08

■今後の見通し 1. 2020年10月期の業績見通し 神戸物産<3038>の2020年10月期の連結業績予想は、売上高が前期比4.1%増の311,800百万円、営業利益が同5.5%増の20,300百万円、経常利益が同4.5%増の20,300百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同10.3%増の13,300百万円と期初計画を据え置いている。 08/07 15:07

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告