フランスでファイバーが切断 複数の都市で影響

2022年5月3日 08:48

印刷

記事提供元:スラド

フランス政府は4月27日、パリを含む一部地域でインターネットの接続障害が発生していると発表した。同国内の報道によれば、通信インフラに組織的な攻撃を受けたとされる。これにより、パリ、リヨン、ボルドー、ランス、グルノーブルなどの都市部で断続的な通信の切断や速度低下が発生した模様(Le ParisienロイターData Center Café)。

ISPのFreeネットワークの公式Twitterが、切断された部分の写真等をアップしている。長距離通信用のものが被害の中心となっているようだ。仏通信会社アルティス傘下SFRによれば、パリとストラスブールおよびリヨンを結ぶ長距離ケーブルや、パリとリールを結ぶ長距離ケーブルも損傷を受けたとの報告も出ているという。パリ検察庁は犯罪の疑いがあるとして調査を開始したとのこと。 

スラドのコメントを読む | 犯罪 | ネットワーク | EU

 関連ストーリー:
サンフランシスコで光ファイバー連続切断事件 2015年07月07日
北極海経由の海底ケーブルで東京とロンドンを直結 2012年03月25日
シリコンバレーで光ファイバーが故意に切断される 2009年04月13日
光ファイバーの天敵はカラス 2006年06月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事