アウディ、フラッグシップセダン「A8」を大幅アップデート 7月に発売

2022年4月23日 14:44

印刷

新型A8(画像: アウディジャパン発表資料より)

新型A8(画像: アウディジャパン発表資料より)[写真拡大]

 アウディジャパンは21日、セダンモデル「A8」をマイナーチェンジし、7月に発売すると発表した。アウディを支えるフラッグシップセダンが大幅アップデートされる。

【こちらも】アウディ、新コンセプト「グランドスフィア」発表 10分充電で300km走行

 A8は、1994年に発売。軽量かつ剛性の高いスタイルを採用しており、コントロールのしやすさが支持される理由の1つだ。最近のモデルでは、フルLEDのヘッドライトや先進的な運転支援機能、MMIインフォテインメントが加わるなど、使いやすさも見逃せない。

 今回のマイナーチェンジにより、エクステリアは、アウディのフラッグシップらしい存在感をアピールする。フェンダーは彫刻的デザインにより、力強いスタイルを表現。底辺を広げたシングルフレームグリルは、A8の存在感につながるだろう。従来より洗練されたビジュアルに注目だ。

 インテリアはラウンジのような空間が特徴だ。水平基調のデザインによって開放感を表現している。内部ではエクステンデッドレザーに加え、エクステンデッドアルミニウムルックインテリアも取り入れるなど、高級車らしい上質な装備を揃えている。快適さに加えて、ラグジュアリーな雰囲気を楽しめるだろう。

 スペックは、高性能と高効率の両立がテーマになっている。エンジンは2種類を用意。3LのV型6気筒TFSIは、最高出力は340PS。4LのV型8気筒TFSIは、最高出力が460PSになる。ともに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせており、環境性能も充実された。

 スポーツモデルの「S8」は、4LのV型8気筒ツインターボに48Vマイルドハイブリッドを組み合わせており、A8よりも攻撃的な走りを期待できる。

 価格は、A8が1,190万円~1,800万円、S8が2,050万円(いずれも消費税込)。

関連キーワード

関連記事