Microsoft、Windows Update通じた Windows 7へのドライバー提供を終了

2021年6月21日 08:07

印刷

記事提供元:スラド

Microsoft は17日、Windows Update を通じた Windows 7 SP1/Server 2008/2008 R2 のドライバー提供を同日終了すると発表した(Windows Hardware Certification ブログの記事Bleeping Computer の記事BetaNews の記事Windows Central の記事)。

Microsoft が5月10日からSHA-2 アルゴリズムへ全面移行したことで、信頼されたルートプログラム参加パートナーが未パッチの Windows デバイスに互換性のない SHA-2 署名入りドライバーを配信してしまう可能性が出てくる。これにより、該当するデバイスでは機能が低下したり、起動時間が長くなったりといった問題が発生することもある。

Microsoft は問題を回避するため、Windows 7 SP1/Server 2008/2008 R2 を対象に含む SHA-2 署名入りドライバーの Windows Update への発行を6月17日に中止するとのこと。このようなドライバーを発行するパートナーには変更が通知され、サポートの終了したバージョンをターゲットから除外して再送信する必要がある。

なお、Windows ハードウェア互換性プログラム (WHCP) では2023年1月まで Windows 7 SP1/Server 2008/2008 R2 ドライバーを受け付け、拡張セキュリティ更新プログラム (ESU) を利用する顧客へ提供できるようにする(ドライバーへの署名方法変更に関する解説記事)。ESU 利用者は WSUS などの手段で管理下のデバイスに引き続きドライバーを展開可能だ。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | ハードウェア | セキュリティ | マイクロソフト | ソフトウェア | Windows | 暗号

 関連ストーリー:
NVIDIA、Windows 7/8/8.1をサポートするGame Ready Driverの更新を8月で終了 2021年06月13日
Microsoft、5月10日からSHA-2アルゴリズムへ全面移行 2021年04月18日
Microsoft、DirectXエンドユーザーランタイムにSHA-2で署名し直して提供再開 2021年02月21日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoftWindowsWindows 7SHA-2Windows Update

関連記事