“船上から花火を眺める”ディナークルージング、長崎・ハウステンボスに「マリエラ」就航

2021年6月13日 17:08

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 クルージング船「ハウステンボスリゾートシップ マリエラ」が、2021年7月10日(土)、長崎・ハウステンボスに就航。ブッフェ・フリードリンク付きのクルージングイベント「サンセットディナークルーズ」が、7・8月の金・土曜日に開催される。

■クルージング船「マリエラ」が就航

 博多湾クルーズで長年親しまれたクルージング船の「マリエラ」が、「ハウステンボスリゾートシップ マリエラ」へと生まれ変わる。「ハウステンボスリゾートシップ マリエラ」は、最大約200名が乗船できる3階建てのクルージング船。開放的なテラスやバーカウンターを備えた展望デッキ、ウェディングにも使用できる宴会場が備わっており、ハウステンボスから大村湾を巡るクルージングを季節ごとに運航することになる。

 船からは、ハウステンボスに広がるヨーロッパのような街並みや、世界最大級のイルミネーションなどを望むことが可能。開放的なデッキテラスで、爽やかな潮風を感じながら、忘れられないひと時を過ごすことができる。

■ブッフェ&フリードリンク付きディナークルージング

 7・8月の金・土曜日は、ホテルシェフこだわりのディナーブッフェ&フリードリンクと共に、夏の夕暮れを優雅に楽しむことができるクルージングイベント「サンセットディナークルーズ」を開催。アニバーサリーケーキや花束を手配してもらうことも可能なので、誕生日や記念日など、特別な日のお祝いにもぴったりだ。7・8月は、天文のエキスパートによる星空ガイドも実施されるので、参加してみるのも良いかもしれない。

 花火大会を船上から楽しむことができる「花火観覧クルーズ」も、8月7日(土)から15日(日)まで期間限定開催。開放的なテラスや展望デッキから、迫力あふれる花火を眺めることができる。

 今後は、ビールやワインが楽しめるクルージングイベントや、船上デザートブッフェなども展開予定。また、オフィシャルホテル「ホテルヨーロッパ」ではクルージング付きプランの販売も行う。

【詳細】
「ハウステンボスリゾートシップ マリエラ」
就航日:2021年7月10日(土)
住所:長崎県佐世保市ハウステンボス町

■サンセットディナークルーズ

開催日程:7・8月の金・土曜日開催 ※8月7日(土)・13日(金)・14日(土)を除く
料金:大人7,000円、65歳以上6,000円、4歳~小学生3,500円(サービス料込み)
サービス:ブッフェ・フリードリンク付
集合場所:ハーバータウン マリンターミナル
スケジュール:金曜18:00受付・乗船開始、18:30出港、21:00帰港
土曜18:00受付・乗船開始、18:30出港、20:30帰港

■花火観覧クルーズ

開催期間:8月7日(土)~15日(日)
料金:大人8,000円、65歳以上6,500円、4歳~小学生4,000円(サービス料込み)
サービス:ブッフェ・フリードリンク付
集合場所:ハーバータウン マリンターミナル
スケジュール:18:30受付・乗船開始、19:00出港、20:30~20:45花火打上、21:00帰港

■オフィシャルホテル「ホテルヨーロッパ」宿泊付きプラン

8月7日(土)~15日(日) 花火観覧クルーズ:1泊44,300円から
7・8月の金・土曜日 サンセットクルーズ:1泊36,200円から
(2名1室 ヨーロッパデザイナールーム スタンダードツインの場合/朝食付)

【問い合わせ先】
ハウステンボス総合案内(ナビダイヤル)
TEL:0570-064-110

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワードイルミネーションハウステンボス花火大会

関連記事